おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
クラウドファンディング20社を種類別に比較!メリット・注意点も紹介
クラウドファンディング

クラウドファンディング20社を種類別に比較!メリット・注意点も紹介

クラウドファンディングを利用して資産運用してみたいけど、どの会社を選べばいいかわからないと思う方は多いと思います。

この記事ではクラウドファンディング会社ごとにサービスの比較、クラウドファンディングのメリット・デメリットを紹介していきます。

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
海外FXメディアも運営中
https://kasoutsuuka-trade.com/

クラウドファンディングは4種類ある

クラウドファンディングとは、投資者が事業者・企業に資金を貸し付けたり、株式を購入することで、分配金やその他のリターンを受け取る投資手法です。

クラウドファンディングは大きく分けて以下の4種類あります。

  • 融資型クラウドファンディング
  • 不動産投資型クラウドファンディング
  • 株式投資型クラウドファンディング
  • 購入型・寄付型クラウドファンディング

以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①融資型クラウドファンディング

ソーシャルレンディング おすすめ_仕組み

融資型クラウドファンディングとは、企業と投資家をインターネットを通じてマッチングする金融型クラウドファンディング。

ソーシャルレンディングとも呼ばれ、投資家は事業者が作ったファンドに資金を投資し、その資金を企業に融資しています。

融資側のメリットは、少額から投資を始められる、低リスクでリターンが期待できる点が挙げられます。

もっと読む

②不動産投資型クラウドファンディング

made_不動産投資型クラウドファンディング

不動産投資型クラウドファンディングは、投資家から資金を集め、集まった資金を利用して不動産の取得・運営を行います。そこで得られた利益を投資家達に配分し利益を得る投資です。

投資するメリットは最低1万円から投資ができる点と、投資した不動産の価値が下がった場合も企業側が先に負担をしてくれるのでリスクが低くなる点です。

もっと読む

③株式投資型クラウドファンディング

made_株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングとは、事業を行う企業の非上場株式に対して出資を募り、投資家が起案企業の未公開株式を受け取ることでリターンを得る投資方法です。

出資者はベンチャー企業の株主となるため経営に関与できる、企業の株式が上場すると大きなリターンを得られるというメリットがある一方、倒産リスクや株を自由に売買できないなどのデメリットも考えられますね。

また、エンジェル税制に該当する案件であれば、税制優遇制度を利用できるケースもあります。

もっと読む

④購入型・寄付型クラウドファンディング

購入型・寄付型クラウドファンディングは、資金を提供してくれる投資家にプロジェクトの商品やサービスをリターンとして提供することで資金を募る仕組み。

投資家は自分にとってそのサービスや商品が有益、高い価値と思えたら出資をして、大きな対価を受け取れます。

もっと読む

おすすめ融資型クラウドファンディング8社比較

ここからはおすすめの融資型クラウド・ファンディングを8社紹介します。

  • クラウドバンク
  • Bankers(バンカーズ)
  • Funds
  • FUELオンラインファンド
  • OwnersBook(オーナーズブック)
  • クラウドクレジット
  • SAMURAI FUND(サムライファンド)
  • Lucky Bank(ラッキーバンク)

以下で詳しく説明します。

もっと読む

①クラウドバンク

クラウドバンク 公式
基本情報 クラウドバンク
利回り 7%
累計公開数 4724件
手数料 口座開設:無料

口座維持:無料

振込手数料:無料(即時入金の場合)
最低融資額 1万円
運用期間 2ヶ月〜
累計応募総額 1,585億円
サービス開始年 2013年
全て見る

クラウドバンクは融資元本回収率100%と圧倒的な実績持っており、融資型クラウドファンディングの中で人気No.1を誇っています。

また、最低融資額も1万円、運用期間も短いものから長期のものまで様々なファンドを取り揃えているので非常に使いやすいサービスですね。

融資型クラウドファンディングで迷っているなら、安心できる実績・人気共にNo.1のクラウドバンクで投資をしましょう。

もっと読む

②Bankers(バンカーズ)

バンカーズ 公式
基本情報 バンカーズ
利回り 2.68~4.37%
累計公開数 16件
手数料 会員登録:無料

口座開設:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 1万円
運用期間 最短6ヶ月〜
累計応募総額 7億2,900万円
サービス開始年 2020年
全て見る

バンカーズは、経営陣に証券会社や銀行などの金融出身者が多く所属しているので信用度が非常に高いのが特徴。

バンカーズでは、1万円からの少額投資が可能な点、日本円建て投資が可能な点がメリットに挙げられます。

信頼度の高い融資型クラウドファンディングを探している方は、バンカーズを利用して資産運用してみましょう。

もっと読む

③Funds

FUNDS 公式
基本情報 Funds
利回り 2.15%
累計公開数 109件
手数料 会員登録:無料

口座開設:無料

口座管理:無料

振込手数料:自己負担
最低融資額 135億円
運用期間 平均14ヶ月
累計応募総額 1円〜
サービス開始年 2019年
全て見る

Funds最大の特徴は、全ファンドに対して原則1円から投資できる点。

ファンドは審査をクリアした上場企業の案件が多く、上場企業参加数は業界トップ。少額で、リスクの少ない運用ができます。

とにかく少額でクラウドファンディングを始めたいという方に非常におすすめです。

もっと読む

④FUELオンラインファンド

FUELオンラインファンド 公式
基本情報 FUELオンラインファンド
利回り 2.5%~3.0%
累計公開数 22件
手数料 会員登録:無料

口座維持:無料

投資申込:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 1万円
運用期間 -
累計応募総額 18億円
サービス開始年 2020年
全て見る

FUELオンラインファンドは上場企業グループとの提携が多く、ファンドをしっかり厳選しているため投資初心者でも安心して投資できるのが特徴です。

また、1万円という少額から投資可能でスマホで手間をかけずに利用できる点もおすすめポイント。さらに、ファンドの透明性も高いので安心ですね。

上場企業に出資したい方はFUELオンラインファンドで投資することをおすすめします。

もっと読む

⑤OwnersBook(オーナーズブック)

オーナーズブック 公式
基本情報 OwnersBook
利回り 3~5%
累計公開数 215件
手数料 会員登録:無料

口座開設:無料

口座管理:無料

口座入金:投資家負担
最低融資額 1万円
運用期間 3ヶ月~37ヶ月
累計応募総額 260億円
サービス開始年 2014年
全て見る

オーナズブックは累計募集額・信頼度・支持率が業界No.1の融資型クラウドファンディング。

オーナーズブックは運営会社の親会社が上場企業で、不動産のプロが厳選している案件に、1万円から投資可能なのが大きなメリットです。

支持率・累計募集額が業界トップなので、不動産投資クラウドファンディングに投資したいならオーナズブックの利用をおすすめします。

もっと読む

⑥クラウドクレジット

クラウドクレジット 公式
基本情報 クラウドクレジット
利回り 5.1~12.1%
累計公開数 1,599件
手数料 会員登録:無料

口座開設:無料

口座維持:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 1万円
運用期間 -
累計応募総額 400億円
サービス開始年 2014年
全て見る

クラウドクレジットは利回りの高いファンドが多いソーシャルレンディング。 10%超えのファンドも多数存在しています。

また、世界中の教育・福祉などの社会貢献と投資を合わせたファンドが多いのが特徴。

クラウドクレジットでは資産運用しながら社会に貢献できるので社会貢献に興味がある人におすすめです。

もっと読む

⑦SAMURAI FUND(サムライファンド)

サムライファンド 公式
基本情報 SAMURAI FUND
利回り 3%〜10%
累計公開数 358 件
手数料 会員登録手数料:無料

口座維持手数料:無料

運用手数料:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 1万円
運用期間 2ヶ月〜
累計応募総額 58億円
サービス開始年 2002年
全て見る

サムライファンドの会社はSAMURAI証券という証券会社によって運営されてます。また、第一種金融商品取引業と第二種金融商品取引業を取得しているため非常に信頼感のあるクラウドファンディング。

サムライファンドの特徴はファンド数が豊富なことです。ソーシャルレンディングは人気で応募者が多いため、ファンド数が豊富というのは大きなメリットになるでしょう。

ファンドが豊富なため、確実に資産運用したい方はサムライファンドで投資したいファンドを探してみると良いと思います。

もっと読む

⑧Lucky Bank(ラッキーバンク)

ラッキーバンク 公式
基本情報 ラッキーバンク
利回り 6~10%
累計公開数 822件
手数料 口座開設:無料

口座維持:無料

振込手数料:投資家負担

取引手数料:無料
最低融資額 数万円
運用期間 -
累計応募総額 155億円
全て見る

ラッキーバンクは高利回りで、全ファンド不動産担保付きなのが特徴です。また、収益は毎月分配されるのも安心ですね。

低リスクで、大きなリターンを得たい人におすすめなクラウドファンディングです。

もっと読む

おすすめ不動産投資型クラウドファンディング3社比較

続いては、おすすめの不動産投資型クラウドファンディング3社を紹介・比較していきます。

  • COZUCHI(コヅチ)
  • joint α(ジョイントアルファ)
  • OwnersBook(オーナーズブック)

以下で詳しく説明します。

もっと読む

①COZUCHI(コヅチ)

コヅチ 公式
基本情報 COZUCHI
想定利回り 年利3~20%程度
最低融資額 1万円
運用期間 -
累計調達額 約120億円※2022年6月現在
サービス開始年 2019年
全て見る

COZUCHI(コヅチ)は、不動産投資クラウドファンディングの中で満足度No.1。圧倒的な人気を誇っているクラウドファンディングです。

また、最低融資額が1万円と少額に設定されており、最短15分で投資が完了することから非常に手軽に利用可能。

さらに、投資家が優先出資者、運営企業が劣後出資者のため投資者のリスクを最大限減らしてくれるのも大きな魅力ですね。

もっと読む

②joint α(ジョイントアルファ)

joint α 公式
基本情報 joint α
利回り 6%
最低融資額 10万円
運用期間 6ヶ月~12ヶ月
累計応募総額 8億円
サービス開始年 2019年
全て見る

joint α(ジョイントアルファ)は上場企業である穴吹興産が運営している信頼感あるクラウドファンディングです。

joint α(ジョイントアルファ)は投資家が優先出資で運営会社が劣後出資なので、ファンドの終了時に不動産価格が下落した場合でも投資家の元本が30%程度保証されます。そのため、比較的低リスクで利用できますね。

もっと読む

③CRE Funding

CRE Funding 公式
基本情報 CRE Funding
利回り 2%~3%
最低融資額 1万円
運用期間 -
累計応募総額 8.5億円
サービス開始年 2020年
全て見る

CRE Fundingは上場企業が運営しているため信用性があるサービスだと言えます。

さらに、CRE FundingのファンドにはCREの保証があるので、借りて企業が返済できなかった場合もCREが返済を肩代わりしてくれるので安全性が高いのがメリット。

また、最低1万円から投資を始められるのも非常に魅力的ですね。

もっと読む

おすすめ株式投資型クラウドファンディング4社比較

続いて、おすすめの株式投資型クラウドファンディング4社を紹介します。

  • FUNDINNO(ファンディーノ)
  • イークラウド
  • Unicorn(ユニコーン)
  • CAMPFIRE Angels

以下で詳しく説明します。

もっと読む

①FUNDINNO(ファンディーノ)

ファンディーノ 公式
基本情報 FUNDINNO
利回り -
累計公開数 214件
手数料 口座開設:無料

会員登録:無料

口座維持:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 10万円
運用期間 -
累計応募総額 70億円
サービス開始年 2017年
全て見る

ファンディーノは厳しい審査を通過した将来性のあるベンチャー企業のファンドが多いのが特徴です。

少額投資・分散投資でベンチャー企業の未公開株を購入できるので投資先の企業がエグジットした際に大きなリターンを得られます。また、エンジェル税制の優遇措置による投資家の節税が可能。

株式投資型クラウドファンディングの中で国内シェア率No.1なので、ベンチャー企業に投資したい方はファンディーノがおすすめです。

もっと読む

②イークラウド

イークラウド 公式
基本情報 イークラウド
利回り -
累計公開数 -
手数料 会員登録:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 10万円
運用期間 -
累計応募総額 2億8000千万円
サービス開始年 2020年
全て見る

イークラウドのファンドの中には投資をすると株主優待を実施している企業があるのがおすすめポイント。

また、エンジェル税制というベンチャー企業に投資をした投資家が税制上の優遇を受けられる制度の適応が受けられるため節税しながら資産運用が可能です。

イークラウドは未上場の株式に投資ができるので、大きなリターンを期待したい方におすすめです。

もっと読む

③Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン 公式
基本情報 Unicorn
利回り -
累計公開数 24件
手数料 会員登録:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 5万円
運用期間 -
累計応募総額 -
サービス開始年 2019年
全て見る

ユニコーンはファンドは審査にクリアした将来性のあるベンチャー企業のファンドしかないため低リスクでハイリターンを期待できます。

また、株式の購入で投資金額に関わらず株主優待を受けられるのはユニコーンの大きなメリットですね。

もっと読む

④CAMPFIRE Angels

CAMPFIRE Angels 公式
基本情報 CAMPFIRE Angels
利回り 2.0%~20.0%
累計公開数 -
手数料 口座開設:無料

口座維持:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 10万円
運用期間 -
累計応募総額 30億円
全て見る

CAMPFIRE Angelsは未上場の新規・成長企業の株式に少額から投資できるサービス。

また、未上場株でも株主優待を受けられる企業もあるというメリットもあります。

将来的に出資した企業がIPOをした場合は莫大なリターンが得られる可能性があるので魅力的ですね。

もっと読む

おすすめ購入型・寄付型クラウドファンディング5社比較

ここからはおすすめの購入型・寄付型クラウドファンディング5社を紹介します。

  • CAMPFIRE
  • Makuake
  • kibidango
  • BOOSTER(ブースター)
  • Ready for

以下で詳しく説明します。

もっと読む

①CAMPFIRE

CAMPFIRE 公式
基本情報 CAMPFIRE
累計公開数 5.8万件
手数料 会員登録:無料

振込手数料:投資家負担
最低融資額 1万円
運用期間 -
累計応募総額 510億円
全て見る

キャンプファイヤーは日本最大級の購入型・寄付型クラウドファンディングサービスです。

また、著名な芸能人や有名人がクラウドファンディングを行い成功している例なども見受けられます。

音楽や写真、芸術など様々なジャンルのプロジェクトがあるので自分の興味あるジャンルに投資できるのは嬉しいですね。

もっと読む

②Makuake

makuake 公式
基本情報 Makuake
累計公開数 1.3万件以上
手数料 無料
最低融資額 500円
運用期間 -
累計応募総額 -
全て見る

Makuakeは親会社がサイバーエージェントなのでPRや宣伝などの発信力が強いのがメリット。

また、スタッフのサポートが手厚いのでプロジェクトの内容が明確なので支援者にわかりやすく伝えられます。

Makuakeは安心や信頼に重きをおいているので誰でも参加しやすいのも魅力ですね。

もっと読む

③kibidango

kibidango 公式
基本情報 kibidango
累計公開数 非公開
手数料 10%
最低融資額 5万円
運用期間 -
累計応募総額 -
全て見る

kibidango1番のメリットは成功率80%と非常に高く、失敗が少ない点です。この成功率は国内の購入・寄付型のクラウドファンディングのなかでもトップレベル

また、利用手数料がわずか10%なのもお得ですね。しかし、他社に比べて取引件数が少ないので支援したいプロジェクトが見つからない場合もあるでしょう。

もっと読む

④BOOSTER(ブースター)

BOOSTER 公式
基本情報 BOOSTER
累計公開数 517
手数料 不要
最低融資額 3,000円
運用期間 -
累計応募総額 360億円
全て見る

BOOSTERはAll-or-NothingとAll-inという2つの方式を採用しています。

All-or-Nothingはプロジェクトオーナーと支援者のリスクを最小化する方式です。目標金額が集まらなかった場合は「プロジェクト不成立」として全額返金されるため、支援者がリスクを負わないという仕組み。

All-inとは目標金額の達成・未達成に関わらず、支援金はプロジェクトオーナーに支払われるサービスです。

このように、BOOSTERは支援者・プロジェクトオーナー両方に対し充実したサービスを提供しています。

もっと読む

⑤Ready for

Ready for 公式
基本情報 Ready for
累計公開数 2万件
手数料 シンプルプラン
:手数料12%
フルサポートプラン
:手数料17%
最低融資額 -
運用期間 -
累計応募総額 200億円
全て見る

Ready forは日本で最初のクラウドファンディングサイトで、支援額・達成率・シェアが業界No.1。また、高い確率で資金調達に成功しているクラウドファンディングです。

Ready forは充実したサポート体制、All or NothingとAll inの2つの方式から選択可能なサービスを提供しているのが特徴。

クラウドファンディング未経験の方で迷ってる方は、安心安全で信頼性No.1のReady forを利用してみてはいかがでしょうか。

もっと読む

クラウドファンディングの比較ポイント3選

これまでに多くのクアウドファンディング会社を紹介してきましたが、どの会社を利用しようか迷う方が多いと思います。

そのため、クラウドファンディング会社を選ぶときに比較すべきポイントを3つ紹介します。

  • 過去の実績
  • 手数料
  • 最低融資額

以下で詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①過去の実績

過去の実績はクラウドファンディングを選ぶ際とても重要なポイントです。

案件の成功率をしっかり把握することで貸し倒れのリスクを減らし、大きなリターンが見込めるのできちんと調べましょう。

もっと読む

②手数料

クラウドファンディング会社は基本的に口座開設や会員登録は無料な会社がほとんどです。

しかし、入金・出金・振込の手数料は会社ごとによって料金が異なっています。中には1部無料の会社のところもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

もっと読む

③最低融資額

クラウドファンディングの最低融資額は会社によって様々で、1円からできる会社から10万円から出資できる会社など、会社によって大きく変わってくるのでしっかり確認しておきましょう。

また、ファンドによって最低融資額が異なる場合もあります

最初は少額から始められる会社を探してみましょう。

もっと読む

クラウドファンディングを利用するメリット4選

ここからは実際にクラウドファンディングを利用する際のメリットを4つ紹介していきます。

  • 利率が高い
  • 少額から始められる
  • 非上場企業の株式に投資が可能
  • お金では買えないリターンが得られる

以下で詳しく紹介します。

もっと読む

①利率が高い

融資型クラウドファンディングの利回りは平均5%程度、中には7-10%と他の投資先に比べて圧倒的に高い利回りが期待できます。

株の利回りは平均2%ほど、定期預金は0,1%以下というのを加味すると、より融資型クラウドファンディングの利回りが高いかがわかるでしょう。

もっと読む

②少額から融資を始められる

融資型クラウドファンディングは利回りが高い割に、少額から投資できる会社がほとんどです。

基本的に1万円程から融資できるファンドがほとんどで、中には1円から融資可能な会社もあります。

そのため低リスクで大きなリターンが得られるでしょう。

もっと読む

③非上場企業の株式に投資が可能

株式型クラウドファンディングでは未上場で将来性のある会社に融資可能。

そのため、投資先の会社が成長した場合に大きなリターンが期待できます

また、融資先によっては株主優待を受けられる企業もあるのも魅力の1つです。

もっと読む

④お金では買えないリターンが得られる

購入型クラウドファンディングでは、自分が融資したサービスのプロジェクトが成功することで普通ならお金では買えない様々なリターンを得られます。

金銭ではなく、普段は購入できない商品やサービスがリターンとして帰ってくるのは魅力的ですね。

もっと読む

クラウドファンディングの注意点3つ

上記のように魅力的なメリットはたくさんありますが、注意しなくてはいけない点もあります。今回はクラウドファンディングで融資する際の注意点を3つ紹介します。

  • キャンセルができない
  • リターンが返ってこない
  • 起案者の情報を見ることができない

以下で詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①キャンセルができない

クラウドファンディングに融資すると、基本的には運用期間の途中にキャンセルができません。

そのため、融資をする際はそのファンドが信頼あるか、本当に融資すべきか1度確認しましょう。

もっと読む

②リターンが返ってこない

融資したプロジェクトが失敗した場合や企業が倒産してしまう場合は投資家にリターンが返ってこないことが多いです。

そのため、クラウドファンディングには貸し倒れや元本割れが起こる可能性があるということを理解しておきましょう。

もっと読む

③起案者の情報を見ることができない

融資型クラウドファンディングは、融資先の情報が規制されており融資先の詳細情報の確認ができないケースが多いです。

そのため、その企業やファンドの信頼性が把握できないまま出資することになってしまうためリスクが高くなってしまいます。

中には融資先が明確なクラウドファンディングやファンドの審査をしっかり行っている会社もあるのでそのようなクラウドファンディング会社で融資するのがよいでしょう。

もっと読む

クラウドファンディングで資産運用しよう

この記事ではクラウドファンディング会社を種類別に比較や、クラウドファンディングのメリット・デメリットを紹介してきました。

クラウドファンディングで資産運用して大きな利益を得たい場合は

  • 過去の実績
  • 手数料
  • 最低融資額

の3点に着目してクラウドファンディング会社を選ぶと良いでしょう。

また、自分がどんなサービスに対してお金を払いたいのかを考えて決めてみるのもいいと思います。自分に合った種類やサービスのクラウドファンディングを探して、上手く資産運用をしてみましょう。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部