おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
国内FXと海外FXのメリット・デメリット!スプレッドやレバレッジも徹底比較!
FX

国内FXと海外FXのメリット・デメリット!スプレッドやレバレッジも徹底比較!

国内FXと海外FXの主な違いはレバレッジの高さスプレッドの広さです。
海外FXはレバレッジ100倍以上かけられるためリスクが高く、初心者には国内FXがおすすめです。
しかし、海外fxでしかできないこともあります。
本記事では国内FXと海外FXのメリット・デメリット・取引条件を主に比較して検証していきます。また、海外FXと国内FXのスプレッド・レバレッジについても解説します。

この記事の監修者

kazu

■FX9年/仮想通貨5年目
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など
海外FXメディアも運営中
https://kasoutsuuka-trade.com/

国内FXと海外FXの比較一覧表

まず国内FXと海外FXにはどのような違いがあるのか、以下の表にまとめましたのでご覧ください。

もっと読む
比較項目 国内FX 海外FX
安全性
レバレッジ 最大25倍 最大100倍以上
スプレッド 0.1-0.5pips(米ドル) 1.0-2,0pips(米ドル)
キャンペーン 新規口座開設ボーナス中心 入金ボーナス中心
取引ツール
入出金のしやすさ
全て見る

特徴としては、レバレッジが海外の方が高く、それと比例してスプレッドも海外の方が広いです。レバレッジとは、証拠金として預けた資金の何倍もの金額を取引するための仕組みです。スプレッドというのは、買値と売値の差のことで、ユーザーの実質的なコストとなります。

そしてキャンペーンは、国内は新規口座開設ボーナスがメインで海外は入金ボーナスが中心となっています。

このような特徴を踏まえて、この記事では国内FXと海外FXはどちらの方がおすすめかを考察していきます。

もっと読む

初心者に国内FXと海外FXはどちらがおすすめ?

結論から言うと国内FXがおすすめです。その理由は、初心者がレバレッジを25倍以上かけるのはリスクが高すぎてしまうからです。

また海外FXはスプレッドが広すぎるため、コストによって利益が削られてしまいます。よって、初心者が利益を出すには少し難易度が高いと思います。

ですので、確実に利益を出すには国内FXの方がおすすめです。以下では国内FXのおすすめ口座4選を紹介していきます。

もっと読む

国内FXのおすすめ口座4選

それでは国内FXを始めるのに、おすすめの口座を4つ紹介していきます。

もっと読む
国内FXおすすめ口座4選
  1. IG証券

  2. GMOクリック証券

  3. LIGHT FX

  4. LINE FX

これら4つの口座を比較した表を以下に載せておくので、ご覧ください。

もっと読む
IG証券 GMOクリック証券 LIGHT FX LINE FX
レバレッジ 実質
1,000倍以上
最大25倍 最大25倍 最大25倍
スプレッド
(ドル円)
0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2〜3.6銭
スプレッド
(ユーロ円)
11銭 0.5銭 0.4銭 0.5〜10.0銭
取扱通貨
ペア数
約100通貨ペア 20通貨ペア 29通貨ペア 23通貨
最小取引単位 10,000通貨 10,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
入金手段 クイック入金
銀行振込
クイック入金
銀行振込
ダイレクト入金
銀行振込
クイック入金
銀行振込
取引手数料 スプレッドのみ スプレッドのみ スプレッドのみ スプレッドのみ
全て見る

それぞれの口座によって様々な特徴があるので、以下でしっかり確認しておきましょう。

もっと読む

①IG証券

IG証券

まずは、IG証券の取引条件について以下にまとめましたのでご覧ください。

もっと読む
取引手数料 スプレッドのみ
取扱通貨ペア数 約100通貨
最小取引単位 10,000通貨
取引ツール ブラウザ・スマホアプリ
入金手段 クイック入金・銀行振込
レバレッジ 実質1,000倍以上
スプレッド(ドル円)午前9時〜翌午前3時 0.2銭
スプレッド(ドル円)午前3時〜午前9時 11.0銭
スプレッド(ユーロ円)午前9時〜翌午前3時 0.5銭
スプレッド(ユーロ円)午前3時〜午前9時 19.0銭
全て見る

IG証券は、イギリスに本拠地を構え45年以上の歴史を誇る金融サービスプロバイダーのIGグループの日本拠点です。IG証券は世界中で20万人を超えるユーザーが利用している、歴史ある大手の会社なので、安心して利用できます。

取引手数料は無料でスプレッドのみであるので、コストを抑えて取引可能です。取引通貨ペア数は100種類と業界最多水準であるため、幅広い取引ができます。またIG証券ではFXだけでなく、株式・株価指数・債権・ETFなども扱っており、様々な取引が可能です。

IG証券ではノックアウトオプションを提供しており、予めノックアウト価格(強制決済価格)を定めることによってオプション料さえ支払えば、レバレッジを25倍以上かけることができます。そして、強制決済価格を定めているので追証が発生しません。よって、高いレバレッジをかけたい人におすすめです!

もっと読む

②GMOクリック証券

GMOクリック証券

続いてはGMOクリック証券の取引条件について以下で確認しておきましょう。

もっと読む
取引手数料 スプレッドのみ
取扱通貨ペア数 20通貨
最小取引単位 1万通貨
取引ツール ブラウザ・PCアプリ・スマホアプリ
入金手段 クイック入金・銀行振込
レバレッジ 最大25倍
スプレッド(ドル円) 0.2銭
スプレッド(ユーロ円) 0.5銭
全て見る

GMOクリック証券は、FXの取引高が世界No.1の企業ということもあり、圧倒的な安心と信頼を保証しています。

またGMOクリック証券の大きな魅力の1つとして「取引コストの安さ」が挙げられます。そして、圧倒的な使いやすさが、ユーザーからの大きな支持を得ている理由です。PCツール・スマホアプリどちらも高機能であり、万全な環境で取引できます。

加えて、GMOクリック証券はFX会社おすすめランキングでも1位を誇っているためとてもおすすめです。

もっと読む

③LIGHT FX

LIGHT FX

次にLIGHT FXの取引条件について見ていきましょう。

もっと読む
取引手数料 スプレッドのみ
取扱通貨ペア数 29通貨
最小取引単位 1,000通貨
取引ツール PCアプリ・スマホアプリ
入金手段 ダイレクト入金・銀行振込
レバレッジ 最大25倍
スプレッド(ドル円) 0.2銭
スプレッド(ユーロ円) 0.4銭
全て見る

LIGHT FXは業界最狭水準のスプレッドを提供していることで有名なFX会社です。また、業界最高水準のスワップポイントを提供しているところにも注目です。

スワップポイントが高いので、ポジションを保有するだけで利益を生み出すことができ、ローリスクでの投資ができます。また、最小取引単位は1,000通貨なので小さな金額からでも取引可能です。

リスクを抑えてFX取引をしたい方・スワップポイントで利益を出したい方には非常におすすめなFX会社だと思います。

もっと読む

④LINE FX

LINE FX

最後に、LINE FXの取引条件について以下にまとめましたのでご覧ください。

もっと読む
取引手数料 スプレッドのみ
取扱通貨ペア数 23通貨
最小取引単位 1,000通貨
取引ツール PCアプリ・スマホアプリ
入金手段 クイック入金・銀行振込
レバレッジ 最大25倍
スプレッド(ドル円) 0.2〜3.6銭
スプレッド(ユーロ円) 0.5〜10.0銭
全て見る

LINE FXはSNSアプリの「LINE」が運営しているFX会社です。LINEが運営しているため信頼もあり、安心して利用できるでしょう。

LINE FXはLINEの使いやすさが反映されているため、直感的な操作が可能です。また、LINE FXのスプレッドは業界最狭水準であり、最小取引単位も1,000通貨からなので、リスク・コストを抑えてFXを始められます。

LINE FXは、LINEの公式アカウントと連携させ、経済指標や価格の騰落情報をすぐに受け取ることが可能です。また、LINEのAIチャットが24時間利用可能でサポート体制も充実しています。

もっと読む

国内FX口座の6つのメリット

国内FXがおすすめと言いましたが、国内FXにはどのようなメリットがあるのかを6つに分けて、以下では解説していきます。

もっと読む
国内FX口座の6つのメリット
  1. 金融庁に登録しているため、信頼度が高い

  2. スプレッドが狭い

  3. 学習コンテンツが豊富

  4. 確定申告の際に損失を繰り越せる

  5. いくら稼いでも税率が一律20.315%

  6. 入金・出金が素早い

①金融庁に登録しているため、信頼度が高い

国内FXは安全性を保証するために、金融庁のライセンスを得て運営されています。ですので安心して利用できると思います。

そして国内FXには「信託保全」という仕組みがあり、FX会社が倒産してしまっても、預けた資金が返金されるので安心です。

海外FXには信託保全がない場合も多いので、国内FXの方が安全性が高いと言えるでしょう。

もっと読む

②スプレッドが狭い

国内FX口座はスプレッドが海外に比べて非常に狭いです。

先ほど表にも載せた通り、国内FXのドル円スプレッドは0.1〜0.5pips、海外FXのドル円ペアは1.0pips〜2.0pipsと大きな差があります。

よって、国内FXの方がコストを抑えて取引できるのでおすすめです。

もっと読む

③学習コンテンツが豊富

国内FXには初心者の方のための無料セミナーや、FXの基礎知識などの特設ページが公式ページに設けられています。ですので初心者の方でも安心して、FX取引ができます。

しかし、海外FXにはこのような取り組みがほとんどないため、独学で学ぶしかありません。

よって、国内FXでコツコツ学びながら、正しい取引の仕方で取引を始めた方が効率が良いと言えるでしょう。

もっと読む

④確定申告の際に損失を繰り越せる

国内FXでは損失繰越の控除を受けられます。損失繰越とは、ある年に損失が出た場合に、その損失を翌年以降で3年間繰り越すことができる仕組みです。

例えば、2020年に国内FXで100万円損失を出し、2021年に100万円の利益を生み出した場合、本来2021年の100万円分の利益は課税対象ですが、2020年度の損失を繰り越すことができるので課税の対象外になるのです。この場合2021年度の納税額は0円となるので、とてもお得です。

ただし損失繰越の控除を受けるには、損失が発生した翌年以降、損失を繰り越す期間中は取引をするしないに関わらず、毎年確定申告を行う必要があるので注意しましょう。

もっと読む

⑤いくら稼いでも税率が一律20.315%

国内FXいくら利益を出しても税率が一律で20.315%です。

一方海外FXでは、利益を出した額に応じて税率が15%〜55%の範囲で変動します。

ですので、利益が多ければ多いほど税金を払わなければならなくなり、手元に残る額が少なくなってしまいます。よって、国内FXで利益を出した方が効率的でしょう。

もっと読む

⑥入金・出金が素早い

入金・出金が素早いのも国内FXのメリットの1つです

海外FX業者にはクイック入金・出金がない場合が多く、ほとんどが海外銀行送金による送金になるため反映まで時間がかかるケースが多いです。

しかし、国内FX業者はネットバンキングによるクイック入金・出金ができる会社が多いので、スムーズな入出金が実現されています。また、入出金手数料が無料な場合も多いためその点も魅力です。

もっと読む

国内FX口座の3つのデメリット

それでは、国内FX口座のデメリットはどのようなものなのでしょうか。

以下では国内FX口座のデメリットを3つ紹介していきますので、確認しておきましょう。

もっと読む
国内FX口座の3つのデメリット
  1. 最大レバレッジが25倍

  2. MT4・MT5に対応していないFX会社がほとんど

  3. 追証のリスクがある

①最大レバレッジが25倍

国内FXではレバレッジを25倍までしかかけることができないのがデメリットと言えますが、それ以上かけるのはリスクが高いため25倍でも十分です。

よって、最大レバレッジが25倍であることはデメリットではありますが、大きな問題はないでしょう。

もっと読む

②MT4・MT5に対応していないFX会社がほとんど

海外FXではほとんどのFX会社がMT4・MT5に対応していますが、国内FX会社は独自の取引ツールを提供している場合がほとんどであり、MT4・MT5を基本的に利用できません

よって、自由にカスタマイズができないため、自動売買などもできない場合が多いです。

とは言っても、国内FX会社の独自ツールも高機能なものが多く、ブラウザ・PCツール・スマホアプリも充実しているので、大きな不便を感じることはないかと思います。

もっと読む

③追証のリスクがある

国内FXには、海外FXにはない「追証」という制度があります。

追証とは、「追加保証金」の略称で、保証金が一定水準以下になると求められる保証金です。

海外FXではゼロカット制度があるため、保証金が一定水準を下回ってしまうと証拠金が0になるだけで済みますが、国内FXではその状態に追加で保証金を入金しなければならないため注意が必要です。

もっと読む

海外FX口座の5つのメリット

国内FXの方が様々な観点から見てメリットが多く、何かと効率が良いためおすすめです。しかし、もちろん海外FXにもメリットがあるので以下では海外FXのメリットについて解説していきます。

もっと読む
海外FX口座の5つのメリット
  1. レバレッジ倍率が高い

  2. ボーナスが豪華

  3. ゼロカットシステムを採用している口座が多い

  4. MT4・MT5を使える

  5. 同一口座でFX・CFDの取引が可能

①レバレッジ倍率が高い

海外FXは国内FXに比べて、レバレッジ倍率が圧倒的に高いです。

国内FXの最大レバレッジは法律で25倍と定められていますが、海外FXでは数百倍〜1000倍のレバレッジをかけることができます。

ですので、少ない資金でも大きな金額の取引をすることができ、ハイリスク・ハイリターンを狙えます。

もっと読む

②ボーナスが豪華

海外FXのボーナスは国内FXと比べると、豊富で、豪華なものが多いです。

国内FXは口座開設ボーナスが主ですが、海外FXは口座開設ボーナスに加え、入金ボーナス・高級商品への応募などがあり、ボーナスが充実しています

口座開設ボーナスでは口座開設をするだけで、数万円の軍資金を得ることができ、入金ボーナスでは、入金額分の資金を入金した分と別に得ることができたりと、規模が大きいものが多いです。

もっと読む

③ゼロカットシステムを採用している口座が多い

海外FXでは、ゼロカットシステムを採用しているFX会社がほとんどです。

つまり国内FXが採用している「追証制度」が海外FXにはないため、証拠金以上の損失が発生してしまった場合でも追証を負担する必要がありません

証拠金が0になるだけなので、その点では海外FXのゼロカットシステムは優れていると言えるのではないでしょうか。

もっと読む

④MT4・MT5を使える

海外FXでは、MT4・MT5をほとんどのFX会社で利用できます。

MT4・MT5を使うことができるため、よりテクニカルな分析ができ、有利なトレードをすることが可能

先ほども述べた通り、国内FXでは自社の独自ツールを提供しているところが多いので、MT4・MT5は使えないところが多いです。とは言っても、国内FX会社の独自ツールも発展が進んでいるため、大きな不便は感じないかと思います。

もっと読む

⑤同一口座でFX・CFDの取引が可能

海外FXでは同一口座でFXだけでなく商品・株価指数・個別株式などのCFD銘柄の取引が可能なFX会社が多いです。

一方、国内FX会社でCFD銘柄を取り扱っているところは限られています。

ですので、FXだけでなく、CFD銘柄の取引もやってみたいと思った時に改めて口座を解説する手間が省けるので、その点では非常に便利です。

もっと読む

海外FX口座の3つのデメリット

それでは逆に、海外FXのデメリットはどのようなものなのでしょうか。

以下では3つに分けて解説するのでしっかり確認しておきましょう。

もっと読む
海外FX口座の3つのデメリット
  1. 金融庁から警告を受けている業者が多い

  2. 出金拒否・口座凍結の口コミも散見される

  3. スプレッドが広い

  4. 入金・出金に時間や手数料がかかる

①金融庁から警告を受けている業者が多い

海外FX会社のほとんどは、日本の金融庁の警告を受けています。つまり安全性が保証されていません。

警告を受けている業者を利用しても法律に問われませんが、万が一の事態が起こった場合は全て自己責任となります。

そのようなリスクもあるため、海外FXの方がおすすめとは言えません。

もっと読む

②出金拒否・口座凍結の口コミも散見される

海外FXでは出金拒否・口座凍結の噂も、国内FXに比べて圧倒的に多いです。

以下に参考として、ツイッターからの口コミを掲載しておきますのでご確認ください。

もっと読む

このように莫大な利益を出してしまうと出金拒否をされる場合が多いようです。このような点でも海外FXはリスクが高くおすすめできません。

もっと読む

③スプレッドが広い

一般的に、海外FXのスプレッドは国内FXのスプレッドに比べてとても広いです。

スプレッドは実質的な取引手数料であるため、せっかく利益を出してもスプレッドが広いと利益が減り、効率的に利益を積み上げることが難しくなります。 

また海外FXは「変動スプレッド制」を採用しているため、スプレッドが相場によって大きく変動します。一方国内FXは「固定スプレッド制」であるためスプレッドが相場に左右されません。よって、思いがけないスプレッドによる利益の圧迫を回避できるので国内FXの方が優れていると言えるでしょう。

もっと読む

④入金・出金に時間や手数料がかかる

海外FXでは、入金・出金の際に時間・手数料がかかります。

国内FXではクイック入金により入出金の即時反映を実現しており、手数料もさほどかかりませんが、海外FXの場合、海外の銀行や金融機関を経由するため、時間・手数料多くかかってしまいます。

また、海外FXでは入出金の反映が数日後になってしまうということも多くあるので、ストレスになってしまいます。よって、ストレスなく入出金ができ、手数料も少ない国内FXの方が優秀でしょう。

もっと読む

初心者には海外FX口座ではなく、国内FX口座がおすすめ!

本記事では国内FXと海外FXを、主にメリット・デメリット・取引条件などで比較してきましたが、総合的に初心者の方には国内FXの方がおすすめだということが理解できたでしょうか。

国内FXの方がスプレッドが狭く、税率も一定であるため効率よく利益を出すことができますし、入出金の素早さ、安全性を考慮しても国内FXの方が断然おすすめです。

国内FXでFX取引を始めてみてはいかがでしょうか。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部