おすすめクレジットカード比較・
ランキング情報メディア
search
500万円借りる方法5選!おすすめの銀行カードローンや金利、毎月の返済額について
カードローン

500万円借りる方法5選!おすすめの銀行カードローンや金利、毎月の返済額について

「500万円借りるにはどんな方法がある?銀行で融資を受けるときのポイントについて知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか?

500万円借りるには相応の理由が必要です。貸金業者から借入する場合、年収の3分の1までしか借入できない「総量規制」という法律が適用されるため、一般的には銀行での借入になるでしょう。

この記事では、500万円借りる方法や借入の注意点について解説していますので、ぜひ最後までご覧ください!

この記事の監修者

マネーチョイス編集部 奥野

マネーチョイス編集部で、日々クレジットカードに関する記事を執筆。自身もクレジットカードを4枚利用しており、専門的な知識と自身の体験を含めた、分かりやすくリアルな記事を追求している。「いちばん分かりやすく、役に立つ記事」をお届けします。

この記事では、どうしても500万円借りたいあなたのために、以下の情報について解説します。

もっと読む
  • 500万円借りる方法
  • おすすめのカードローンや選び方
  • 審査のポイント
もっと読む

多額の借入なら、金利が低くてお得なキャンペーンを実施している楽天銀行スーパーローン」がおすすめです。

もっと読む

500万円借りる方法5選

free_5

500万円ほどの大金を借りるなら、以下のような方法がおすすめです。

もっと読む
  1. 目的別ローン
  2. カードローン
  3. フリーローン
  4. 有担保ローン
  5. ビジネスローン

それぞれ詳しく説明いていきます。

もっと読む

①目的別ローン

500万円借りるなら、目的別ローンが最も現実的でしょう。目的別ローンは、文字通り目的別に用意されているローンです。

使途が限られていますが、目的がはっきりしている分カードローンやフリーローンよりも大きな額を借入しやすいです。

目的別ローンには、主に以下のような種類があります。

もっと読む
  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
もっと読む

②カードローン

カードローンは、使途不問で借入できるサービスです。他のローンと違い使途不問で、担保も保証人も不要です。

ただし消費者金融の場合は「総量規制」という法律が適用されるため、年収の3分の1までしか借入できません。

さらに、銀行の場合でも総量規制を超えた借入は難しいため、よほど収入が高くないと500万円借りるのは現実的ではないでしょう。

もっと読む

③フリーローン

フリーローンは使途不問の借入方法です。カードローンと似ていますが、融資額は最初から決まっていて追加融資は受けられません。

使い道は自由ですが、必要額を決めて申し込む必要があります。自由に借入できない分金利がカードローンより低く、融資額も大きいのが利点です。

カードローンと同じく、500万円借りるには安定した収入が求められるため、慎重に検討する必要があるでしょう。

もっと読む

④有担保ローン

担保とは、支払いできなくなった時の保証として貸主に提供する対象を指します。カードローンではよほどの返済能力や信用がないと500万円の借入はできませんが、担保を提供すれば融資を受けられる可能性は高まります。

有担保ローンには、主に以下のような種類があります。

もっと読む
  • 契約者貸付(解約返戻金)
  • 定期預金担保貸付(定期預金)
  • 不動産担保ローン(不動産)
  • 質屋(ブランド品や宝飾品)
もっと読む

有担保ローンなら無審査で借入できるため、担保を持っているなら検討する価値はあるでしょう。

もっと読む

⑤ビジネスローン

ビジネスローンは、事業資金専用のローン商品です。貸付対象は法人経営者や個人事業主のみで、新規事業の立ち上げ資金、設備投資資金、運転資金などに利用できます。

一言でビジネスローンと言っても、銀行やカード会社、消費者金融業者などが提供しており、融資基準や金利はまちまちです。

カードローンと違って総量規制の対象にならないため、事業が安定していれば500万円借入できるケースもあります。

もっと読む

500万円借りるなら銀行がおすすめな3つの理由

free_3

500万円借りたい場合は、以下のような理由から銀行を利用するのが現実的でしょう。

もっと読む
  1. 金利が低い
  2. 総量規制の対象にならない
  3. 様々なローンがある
もっと読む

①金利が低い

銀行は全体的に金利が低いのが利点です。参考までに、銀行と消費者金融のカードローン金利を比較してみましょう。

もっと読む
カードローン 金利(年率)
アコム(消費者金融) 3.0~18.0%
アイフル(消費者金融) 3.0~18.0%
プロミス(消費者金融) 4.5〜17.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5%
三井住友銀行カードローン 1.5~14.5%
全て見る

500万円の借入となると相当な利息を取られますが、金利の低い銀行なら比較的安心して借入できるでしょう。

もっと読む

②総量規制の対象にならない

銀行は総量規制の対象になりません。総量規制とは、貸金業者からの貸付を「年収の3分の1まで」に制限する法律です。

消費者金融から500万円借りるには1,500万円もの年収が必要になるため、あまり現実的ではありません。その点、銀行なら年収が低くても大きな額を借りられます。

ただし、総量規制の対象外とはいえ担保や保証人なしで500万円借りるのは難しいため、ほとんどのケースでは目的別ローンになるでしょう。

もっと読む

③様々なローンがある

銀行のローンは多種多様です。たとえば個人事業主や法人ならビジネスローン、収入が低くて担保や保証人なしで借入できない方には目的別ローンも用意されています。

銀行なら収入や職業に応じて様々な方法で借入できるため、場合にもよりますが500万円借りるのも不可能ではありません。

もっと読む

500万円借りる時の金融機関の3つの選び方

free_比較

500万円もの大金を借りるとなると、借入先は非常に重要です。選ぶ際は、以下3つのポイントに注目しましょう。

もっと読む
  1. 金利
  2. 融資限度額
  3. サービス内容
もっと読む

①金利

まずは金利を比較しましょう。500万円を金利15.0%で1年間借りると75万円もの利息が発生します。
支払い利息が増えれば増えるほど返済が辛くなるため、少しでも金利の低い借入先を検討するようにしましょう。

500万円借りた時の金利が明記されていないケースもありますので、わからないときは問い合わせてみてください。

特にみずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも特に金利が低いためおすすめです。

もっと読む

②融資限度額

多額の借入なら融資限度額も重要です。ローンの種類や金融機関によっては、500万円もの融資には対応していないケースもあります。

また、500万円の借入に対応していたとしても、最初から融資限度額いっぱいまで借入できる可能性は低いでしょう。

大金を借り入れるなら、できるだけ融資限度額の多い金融機関を選びましょう。特に横浜銀行カードローンは限度額が最大1,000万円と多く、多額の融資を受けやすいです。

もっと読む

③サービス内容

金融機関によってサービス内容は少しずつ異なります。たとえば楽天銀行スーパーローンは楽天会員なら審査が優遇され、みずほ銀行カードローンはみずほ銀行で住宅ローンを組んでいると金利が引き下げられます。

金利や融資額以外では、自分の好みに合ったサービスを選びましょう。特に「三井住友銀行カードローン」は、書類提出などがネットで完結するため手続きを楽に済ませられますよ。

もっと読む

500万円借りるのにおすすめの銀行カードローン5選

free_カードローン

500万円借りるなら、以下のような銀行カードローンがおすすめです。

もっと読む
  1. 楽天銀行スーパーローン|楽天会員なら審査優遇
  2. 横浜銀行カードローン|ローンカードが届く前に融資可能
  3. みずほ銀行カードローン|住宅ローンを契約中なら金利0.5%引き下げ
  4. 三井住友銀行カードローン|書類提出・本人確認がWEB完結
  5. オリックス銀行カードローン|がん保障特約で借入金額が0円になる
もっと読む

それぞれの特徴をわかりやすく解説します。

もっと読む

①楽天銀行スーパーローン|楽天会員なら審査優遇

公式スクショ_楽天銀行カードローン
楽天銀行カードローン 基本情報
金利 1.9〜14.5%
融資時間 最短翌営業日
審査時間 最短翌営業日
無利息期間 なし
借入可能額 800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

楽天会員なら楽天銀行スーパーローンが良いでしょう。楽天会員ランクに応じ、審査が優遇されるのが特徴です。

入会と借入で楽天ポイントを最大31,000ポイント受け取れる上に、今なら金利半額キャンペーンも開催中です。

楽天のサービスを利用しているなら、ぜひ楽天銀行スーパーローンに申し込みましょう。

もっと読む

②横浜銀行カードローン|ローンカードが届く前に融資可能

公式スクショ_横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン 基本情報
金利 1.5~14.6%
融資時間 翌平日窓口営業日
審査時間 最短翌日
無利息期間 なし
借入可能額 1,000万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

早く融資を受けたいならおすすめです。契約と同時に希望金額を指定口座に振込できるため、ローンカードが届く前に融資を受けられます。

融資限度額が最大1,000万円と高いのも利点です。横浜銀行の口座がなくても借入できるため、早く融資を受けたいなら横浜銀行カードローンに申し込みましょう。

もっと読む

③みずほ銀行カードローン|住宅ローンを契約中なら金利0.5%引き下げ

公式スクショ_みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン 基本情報
金利 2.0~14.0%
融資時間 最短翌営業日
審査時間 最短翌営業日
無利息期間 なし
借入可能額 10万~800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

みずほ銀行カードローンは、住宅ローンを組んでいるなら積極的に検討する価値ありです。みずほ銀行で住宅ローンを組んでいると、金利が0.5%引き下げられます。

銀行カードローンの中でも特に金利が低く、多額の借入には最適だと言えるでしょう。住宅ローンを組んでいる方はもちろん、単純に低金利で借入したい方にもおすすめのカードローンです。

もっと読む

④三井住友銀行カードローン|書類提出・本人確認がWEB完結

公式スクショ_三井住友銀行カードローン
三井住友カードローン 基本情報
金利 1.5~14.5%
融資時間 最短翌営業日
審査時間 最短翌営業日
無利息期間 なし
借入可能額 10万〜800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

手続きに時間をかけたくないなら、三井住友銀行カードローンがおすすめです。書類提出や本人確認がWebで完結するため、スマホさえ持っていればすぐに契約できます。

さらに、三井住友銀行の口座を持っていると入力内容を省略可能です。融資スピードも最短翌日と早いため、手続きを楽に済ませたいなら三井住友銀行カードローンに申し込みましょう。

もっと読む

⑤オリックス銀行カードローン|がん保障特約で借入金額が0円

公式スクシ_オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 基本情報
金利 1.7%~17.8%
融資時間 数日
審査時間 数日
無利息期間 なし
借入可能額 800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

オリックス銀行カードローンは、がん保障を付けられるのが魅力です。返済中にがんになって返済できなくなった場合、借入残高が0円になるため家族に迷惑をかける心配がありません。

また、最低金利が低いため多額の借入に向いています。安心して借入したいなら、いざというときに保証があるオリックス銀行カードローンに申し込みましょう。

もっと読む

500万円借りる時の金利

free_金利

融資額にかかわらず、借入の際は返済計画を立てるのが重要です。まずはどのくらいの金利が適用されるのか把握しておきましょう。

以下は、500万円の借入に対する銀行カードローンの適用金利をまとめた表です。

もっと読む
カードローン 金利
楽天銀行スーパーローン 3.5~7.8%
三井住友銀行カードローン 5.0〜6.0%
みずほ銀行カードローン 5.0%
オリックス銀行カードローン 4.5〜8.8%
全て見る

銀行によって少しずつ異なりますが、金利はおよそ3.5〜8.8%の範囲内になるため、これを基準に返済プランを考えましょう。

もっと読む

500万円借りる時の毎月の返済額

free_家計簿

最低返済額はローンによって異なります。前述の通り、500万円借りた時の金利は3.5〜8.8%程度ですので、仮に金利5%だとして毎月の返済額と総支払利息を見ていきましょう。

もっと読む
毎月の返済額 返済期間 総支払利息
8万円 73ヶ月 804,089円
10万円 57ヶ月 618,426円
12万円 46ヶ月 503,304円
全て見る

実際には収入が下がったり想定外の支出が発生したりする可能性も高いため、余裕を持った返済プランを立てるようにしてください。

もっと読む

500万円借りる時の4つの注意点

free_注意点

500万円もの大金を借入するなら、慎重に検討しなければなりません。借入前は、特に以下の4点に注意しましょう。

もっと読む
  1. 返済比率を計算する
  2. 返済シミュレーションを活用する
  3. 他社借入を減らしておく
  4. 同時申し込みしない
もっと読む

それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①返済比率を計算する

返済プランを立てる際は、まず返済比率を計算してみましょう。返済比率とは年収に対する返済額を表す比率で、年ごとの返済額を年収で割って100をかけて算出できます。

たとえば年収500万円の人が毎月10万円返済しているとすると、返済比率は120万円 ÷ 500万円 × 10 = 24%です。

返済比率は40%以下なら適切だと言われていますが、低く抑えるに越したことはありません。

もっと読む

②返済シミュレーションを活用する

返済比率がわかり返済に無理がないことがわかれば、次に「返済シミュレーション」を活用して返済プランを立ててみましょう。

まずは毎月いくら返済できるのか入力します。すると返済にかかる期間と利息がわかるため、無理のない範囲内で返済できるか確認してください。

完済に時間がかかりすぎる場合、毎月の返済額を増やすか借入額そのものを減らす必要があるでしょう。

もっと読む

③他社借入を減らしておく

借入前に他社借入を減らしておきましょう。借入件数が多いといくら借りていてどのくらい返済できているのか把握しにくくなり、破綻するリスクが高まります。

それ以前に、多重債務を抱えているとローンの審査に通りにくくなるため要注意です。現在の借入先で、返済できそうなところは先に完済しておいてください。

もっと読む

④同時申し込みしない

複数社への同時申し込みは避けましょう。カードローン等への申込履歴は「信用情報機関」に記録されるためです。

複数社に同時申し込みすると、お金に困って焦っていると判断されかねません。かえって融資を受けにくくなる可能性があるため、申込先は1社に絞るようにしてください。

もっと読む

審査で有利になる3つのポイント

free_ポイント

ローンを組む際、次のような要素があれば審査に通りやすくなります。

もっと読む
  1. 明確な借入目的がある
  2. 担保がある
  3. 収入が安定している
もっと読む

自分は審査に通るのかどうか判断する際の参考にしてください。では、それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①明確な借入目的がある

明確な借入目的があると借りやすくなります。金融機関からすると、使途不問のローンはギャンブルや夜遊びなどに使われる可能性もあり、リスクが高いためです。

正当な借入理由を説明できれば、借入しやすくなるでしょう。基本的に、カードローンやフリーローンよりも目的別ローンの方が大きな金額を借りやすい傾向にあります。

もっと読む

②担保がある

無担保ローンでは個人の返済能力や信用を元に融資を行っているため、収入が不安定だったり信用情報に問題があったりすると融資を受けられません。

一方、担保があれば返済能力の低い人でも融資を受けられます。ただし、500万円借入するには不動産をはじめ相応に評価額の大きい担保が必要です。

もっと読む

③収入が安定している

収入の安定性も重要です。たとえば、勤続年数が長かったり勤めている会社が大企業だったりすると、収入が安定していると判断されます。

逆に転職したばかりで勤続年数が短い、またはパートやアルバイトなどの非正規雇用や個人事業主などは審査で不利です。

収入が不安定だと、500万円も借入するのは非常に厳しいでしょう。審査に通る見込みがなければ、有担保ローンや身内に借りるなどの手段を検討しなければなりません。

もっと読む

500万円借りるなら銀行がおすすめ!金利や返済額を確認した上で申し込もう

free_喜び

500万円借りるなら銀行がおすすめです。消費者金融などの貸金業者では「総量規制」が適用されるため借入額が限られます。

銀行なら総量規制の対象にならず、様々なローンが用意されています。最後に、借入前に知っておきたいポイントをおさらいしましょう。

もっと読む
  • 返済比率を計算する
  • 返済シミュレーションを活用する
  • 他社借入を減らしておく
  • 同時申込しない
もっと読む

多額の借入なら「楽天銀行スーパーローン」がおすすめです。楽天会員なら審査優遇される上に、借入額に応じて楽天ポイントを受け取れるため、ぜひ申し込みを検討していただければと思います。

もっと読む
Money Choice 編集部

Money Choice 編集部