よくある質問

独自SSLのインストール時に「想定外のエラー」が発生します


独自SSLの証明書をインストール時に、「証明書のインストール」のボタンをした際に
想定外のエラーが発生する場合、下記のような可能性がございます。

1.「.htaccess」ファイルでリダイレクト設定やアクセス制限を行っている

対象ドメインの公開フォルダ及び、それより上のフォルダに「.htaccess」ファイルで下記の設定を行なわれている場合、独自SSLのインストールを行なうことができません。

  • 「Rewrite」などのリダイレクト設定
  • 「Basic 認証」などのアクセス制限

該当する場合は、「.htaccess」のファイル名を一旦リネーム(例:.htaccess.txt など)で無効にして、独自SSLのインストールをお試しください。

2.独自SSLの有効期限が終了している場合

独自SSLの更新の場合、以前の証明書の有効期限が終了していると
「インストール」ボタンがコントロールパネルに表示されている場合でも、
お手続きを行っていただくことができません。
お問い合わせフォーム 」より、その旨ご連絡ください。


3.ヘテムル以外のネームサーバーを利用している場合

◆ムームーDNSを利用している場合

対象ドメイン(サブドメイン)の利用サービスを『heteml』に設定いただく必要がございます。

ムームードメインコントロールパネル 「ムームーDNS」のページにて、対象ドメイン(サブドメイン)の利用サービスを『heteml』に変更してください。

設定変更後、DNSの浸透待ちが発生いたします。DNS浸透待ちの影響がない状態となってから(設定変更から数時間~48時間)、独自SSLのインストールをお願いいたします。

◆他社のネームサーバーを利用している場合

他社のレコード設定が可能なネームサーバーを利用している場合、対象ドメイン(サブドメイン)のAレコードをヘテムルの「サーバーIPアドレス」に変更いただく必要がございます。

ネームサーバーの提供元で、対象のAレコードをヘテムルの「サーバーIPアドレス」にご変更いただき、DNS浸透待ちの影響がない状態となってから(設定変更から数時間~48時間)、独自SSLのインストールをお願いいたします。

 ※「サーバーIPアドレス」は、コントロールパネル 『アカウント情報』でお確かめいただけます

なお、独自SSLをインストール後、専用のIPアドレスが一個割り当てられます。独自SSLでサイトを運営いただくためには、対象ドメイン(サブドメイン)のAレコードを「サーバーIPアドレス」から「専用のIPアドレス」へご変更ください
 ※独自SSLの専用IPアドレス確認方法
  「 コントロールパネル 」→「SSL 証明書購入・設定」→"お申込済み独自SSL"の『設定IP』が専用IPアドレスでございます


4.その他、上記以外でエラーが発生しお心当たりがない場合

お手数ではございますが、問題となっている独自SSLのドメイン名を添えて、
お問い合わせフォーム 」よりご連絡いただけますようお願いいたします。