concrete5 日本語版 のインストール

PHP で記述された高機能な CMS システム 『 concrete5 日本語版 』 のインストールマニュアルです。マニュアルにしたがって進めばインストールは簡単です。

concrete5 日本語版 のインストールについて

concrete5 日本語版 をインストールする方法をご説明します。
まずは、ヘテムルの コントロールパネル にログインしていただき、データベースを作成する方法からご説明いたします。

データベースの作成

MySQL の作成

コントロールパネルにログインし、「データベース」ページにお進みください。
データベースを作成画面へボタンを押して次に進んでください。

任意のデータベース名、接続パスワードを入力してください。
メモ欄はご自由にお使いください。
入力したら、データベースを作成するボタンを押してください。

データベースが作成されました。

サーバー、ユーザー名、データベース名、先ほど入力したパスワードはこの後必要となります。

concrete5 日本語版 のインストール方法

concrete5 日本語版 のソースをダウンロード

concrete5 日本語版 のサイトへ進み、『 ダウンロード開始 』 をクリックします。

 concrete5 日本語版 のダウンロードはこちらから


アップロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダの中身をアップロードします。
下記の画面では 『 web 』 フォルダ内に 『 concrete5 』 フォルダを作成してアップロードしています。

  全てがアップロードされるまでには、少し時間を要します。きちんとアップロードされるまで焦らず待ちましょう。
  アップロードの際、特にファイルの編集作業はいりません。解凍したファイル全てをアップロードしてください。

concrete5 日本語版 のインストールウィザード

concrete5 日本語版 をアップロードしたフォルダに移動

下記のような設定画面が開くので、サイトの情報とデータベースの情報を入力して、
concrete5 をインストール! ボタンを押してください。

お客様のデータベース情報は、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 データベース 』で確認できます。

サイト名を入力して下さい サイトの名前を入力します
管理者メールアドレス メールアドレスを入力します
サーバーアドレス お客様が設定されたデータベースのサーバー名
MySQLユーザー名 お客様が設定されたアンダーバーではじまるユーザー名
MySQLパスワード データベースを作成する際に入力したパスワード
データベース名 お客様が設定されたアンダーバーではじまるデータベース名

インストール完了

『 concrete5 をインストール! 』 という画面が表示されたらインストールは完了です。
パスワードが画面に表示されているので、こちらをコピーして管理画面にログインしてください。

以上で concrete5 日本語版 のインストールは終了です。

システムの内部文字コードの設定

concrete5 からの通知メールが文字化けする場合は、heteml のコントロールパネルメニュー
『php.ini 設定』もしくは『PHP 設定』の php.ini を開き、「mbstring.internal_encoding」の「UTF-8」を選択してください。


12/12まで
キャンペーン中!

お試しお申し込み

トップヘ戻る