コンテンツキャッシュの設定方法

コンテンツキャッシュとは

Webサイトの表示速度向上や安定した表示に役立つ機能です。
お客様のWebサイトの表示内容を、コンテンツキャッシュサーバーに一時的に記録(キャッシュ)し、同じWebサイトにアクセスがあった場合、コンテンツキャッシュサーバーから応答します。

コンテンツキャッシュ導入後

WordPress等のアクセスの度に表示内容を生成する動的なWebサイトでは、アクセス毎にWebサーバーでの処理を行う必要があります。コンテンツキャッシュを有効にすることでWebサーバーにおけるそれらの処理を省くことができるため、表示速度の向上が期待できます。

また、アクセス数も軽減されるため、アクセス集中により同時アクセス数の上限超過エラーが発生しているサイトへの設定もおすすめです。

キャッシュの保持時間

一度キャッシュした表示内容は10分程度保持します。必要に応じてキャッシュの削除も可能です。
※ システム運用において予告なくキャッシュを削除することがあります。

設定の反映時間

キャッシュ削除や各種キャッシュ設定の変更後、最大5分程度反映に時間がかかります。

コンテンツキャッシュの種類と概要

「WPキャッシュ機能」と「静的キャッシュ機能」の2種類のコンテンツキャッシュ機能をドメインごとに選択して設定いただけます。

WPキャッシュ機能

WordPress(最新版)向けに最適化したキャッシュ機能です。WordPress で作成いただいたサイトの運用にご活用ください。

なお、以下に該当するコンテンツはWPキャッシュ機能を有効化いただいた場合、不特定多数に閲覧されるべきではないページをキャッシュし、表示するリスクがあります。ご自身の責任において、動作確認の上でご利用ください。

  • ・WordPress 以外の CMS(EC-CUBE等)で制作されたコンテンツ
  • ・古いバージョンや独自実装が含まれる WordPress サイト
  • ・その他、独自実装による動的ウェブサイト

また、下記データへのアクセスはキャッシュ対象外となります。

URLに以下の文字列が存在する場合

  • ・wp-admin
  • ・wp-login.php

Cookieに以下の文字列が存在する場合

  • ・wordpress_
    ※ただし、 wordpress_test_cookie はキャッシュする
  • ・comment_author
  • ・wp-postpass

静的キャッシュ機能

画像やCSSなど静的なコンテンツをキャッシュします。WordPress 以外のサイト運用にご活用ください。

キャッシュ対象ファイル拡張子

  • .css
  • .js
  • .ico
  • .jpg
  • .jpeg
  • .png
  • .gif

上記拡張子以外のファイルはキャッシュしません。なお、上記に該当するファイルも末尾にパラメータが付与されたアクセスの場合キャッシュされません。

コンテンツキャッシュの設定、解除方法

ヘテムルのコントロールパネルから設定を行います。

ヘテムルのコントロールパネルにログイン後、「コンテンツキャッシュ」の画面を開きます。

ドメインごとに設定希望のコンテンツキャッシュをクリックします。

WPキャッシュをご利用の場合

WPキャッシュをONにする

静的をご利用の場合

静的キャッシュキャッシュをONにする

コンテンツキャッシュ機能を利用しない場合

コンテンツキャッシュをOFFにする

※反映まで最大5分間かかります。

コンテンツキャッシュの削除

キャッシュを削除したいドメインについて『キャッシュ削除』をクリックします。

キャッシュ削除

※OFFに設定変更した場合、その時点でキャッシュが削除されます。