PHP から SQLite に接続する方法

PHP から SQLite に接続する方法

下記が PHP から SQLite に接続する例です。
ヘテムルでは、PHP5.3、PHP5.4 でご利用いただけます。
※ SQLite3 のみご利用いただけます。

ソースコード

下記のソースコードを参考にしてください

SQLite は MySQL と異なりローカル上にファイルを作成し、そのファイルの読み書きを行うデータベースです。 その為、接続する際のサーバ名及びユーザ名やパスワードはございません。 sqlite_open() 関数では、最初の引数に SQLite データベースファイルのローカルパスを渡します。

4 行目の 「 /path/to/sqlitedb 」 の箇所は、お客様の sqlitedb までのパスを入力してください。
例) /フルパス/web/sqlitedb
※「フルパス」はコントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 アカウント情報 』で確認できます。

PHP から SQLite を扱う詳しい情報はこちらでご確認ください。 http://jp.php.net/manual/ja/ref.sqlite.php

ソースコードのダウンロード