Drupal のインストール方法

コミュニティサイト構築 CMS 『 Drupal 』 のインストール方法です。
マニュアル通りに進めば、簡単にインストールする事ができます。

データベースの作成

MySQL の作成

コントロールパネルにログインし、『 データベース 』ページにお進みください。
データベースを作成画面へボタンを押して次に進んでください。

任意のデータベース名、接続パスワードを入力してください。
メモ欄はご自由にお使いください。
入力したら、データベースを作成するボタンを押してください。

データベースが作成されました。

サーバー、ユーザー名、データベース名、先ほど入力したパスワードはこの後必要となります。

Drupal のインストール

Drupal をダウンロードします。

次に Drupal をダウンロードします。Drupal 日本サイト から 『 最新バージョン 』 へ進み、 サイトの案内に従って該当ファイルをダウンロードし、解凍してください。

    Drupal のダウンロードはこちらから

ファイルをアップロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍し、ファイルをアップロードしてください。
ここでは、『 web 』 フォルダの中に 『 drupal 』 フォルダを作成して、解凍した全ファイルをアップロードしています。


Drupal フォルダにアクセスします。

全てのファイルをアップロードしましたら、Drupal をアップロードしたフォルダ 『 http://お客様のヘテムルドメイン/drupal/ 』 にアクセスしてください。すると下記のような設定画面が出てきますので 『 日本語プロフィール』 を選択してSave and continueをクリックしてください。
※ヘテムルドメインはコントロールパネルのトップページにてご案内しております。


データベースの設定

『 データベースの設定 』 画面になりますので、下記の表を参考に必要な情報を入力してください。
また、画面上の 『 > 高度なオプション 』 リンクをクリックして入力項目を増やして下さい。 入力が完了したら保存して次へをクリックします。

お客様のデータベース情報は、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 データベース 』で確認できます。

データベース名 お客様が設定したデータベース名を入力します。
データベースのユーザ名 お客様が設定したデータベースのユーザ名を入力します。
ヘテムルではデータベース名と同じになります。
データベースのパスワード 設定したパスワードを入力してください。
データベースのホスト名 お客様が設定されたデータベースのサーバー名を入力します。
データベースサーバのポート番号 空欄のままで大丈夫です
テーブルのプレフィックス テーブル名の先頭につける文字列を入力します。特に入力する必要はありませんが、ここでは一応 『 drupal_ 』 と入力することにします。

サイトの環境設定

データベースの設定が完了すると、下記のような画面になり、サイトの環境設定を行います。
下記の表を元に必要な項目を入力し、保存して次へをクリックしてください。

サイト名 任意のサイト名を入力してください。
サイトのメールアドレス サイト用のメールアドレスを入力してください。
ユーザ名 管理者のユーザ名を入力してください。
メールアドレス 管理者のメールアドレスを入力してください。
パスワード 管理画面にログインするためのパスワードを入力してください。
デフォルトのタイムゾーン サイトのタイムゾーンを指定してください。
クリーン URL 任意で選択してください。
アップデート通知 チェックされることをお勧めいたします。

日本語プロフィールのインストールが完了しました。

『 おめでとうございます。日本語プロフィールが正常にインストールされました。 』 と表示されたらインストールは成功です。 あとは画面の案内に従って管理画面にアクセスしてください。


以上で Drupal のインストール・設定は完了です。

お疲れ様でした、以上で Drupal のインストール・設定作業は終わりです。


お試しお申し込み

トップヘ戻る