FLV ストリーム配信設定マニュアル

2016年6月30日12時をもちまして Flash Media Server の提供を終了いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

Flash Media Server における FLV ストリーム配信設定手順

RTMP の設定

コントロールパネルにログイン後、[ その他 ] 内「 Flash Media Server 」のページへお進み頂き、バーチャルホストの作成を行います。

バーチャルホストが作成されましたら、コントロールパネル上に表示されている、
rtmp 「 *****.fms.heteml.jp 」 をご確認ください。


各種設定

今回使用する Flash Media Server (以下、FMS ) のアプリケーション名・インスタンス名 (デフォルトでは「 _definst_ 」 )、FLV 名をそれぞれ決めてください。

このサンプルでは分かりやすさを重視するために、アプリケーション名を 「 test 」、インスタンス名を 「 streaming 」、FLV 名を「 sample.flv 」 としてあります。
( 1 ) で確認した RTMP とともに、ダウンロードしたファイル内の xml/config.xml に各項目を設定します。
順番に、RTMP、アプリケーション名、インスタンス名、FLV 名となります。 ただし、ストリーミング配信する FLV は ActionScript 上で拡張子 「 .flv 」 を除いた部分のみ記述するため、「 sample 」とだけ設定します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<config>
<element id="rtmp">rtmp://*****.fms.heteml.jp/</element>
<element id="application">test</element>
<element id="instance">streaming</element>
<element id="flv">sample</element>
</config>

  FMS アプリケーションに swf から接続する際、実際は FMS アプリケーションのインスタンスに接続されます。
特にインスタンスを設定しない場合には、デフォルトで「_definst_」となりますが、任意にインスタンス名を設定し、 その FMS アプリケーションのインスタンスに接続することが可能であるため、今回は「 streaming 」というインスタンスに接続するものとします。


ストリーミング配信の準備

FLV のストリーミング配信の準備を行います。

まず、FMS アプリケーション作成用フォルダ 「 apps 」 に FMS アプリケーション用フォルダ 「 test 」 を作成してください。 次に FMS アプリケーションフォルダ内にストリーム配信用フォルダを作成します。

FMS の仕様上、FLV のストリーム配信を行う際には必ず各 FMS アプリケーション内に 「 streams 」 というフォルダを作成する必要があるため、 今回も同様に test フォルダ内に 「 streams」 フォルダを作成してください。

最後にこの streams フォルダ内にインスタンス用フォルダ 「 streaming 」 を作成し、
その中に今回ストリーミング配信する 「 sample.flv 」 をアップロードしてください。

接続の確認

xmlフォルダ(config.xml 含む)、flv_streaming.swf、flv_streaming.html を任意のウェブフォルダにアップロードし、 ブラウザ上で flv_streaming.html にアクセスしてください。

この際に、( 3 ) でアップロードした FLV ファイルが再生され、デバッグ用のテキスト内に「接続成功」と表示されたら成功です。 もし、FLV が再生されなかったりテキスト内に「接続成功」と表示されない場合には、再度上記の手順を確認してください。

サンプルファイルのダウンロード

上記のサンプルファイルは以下からダウンロードしてください。

Flash Media Server に関してより詳細を知りたい方は、
Adobe のサイト をご覧ください。