FFFTP を使ったファイルの転送方法

インストール方法 | 設定 | 接続設定 | ファイルの操作 |

FFFTP のインストール方法

FFFTP をダウンロードします。

FFFTP のダウンロードは 『 SourceForge.JP 』 などのソフトウェアライブラリから、最新版がダウンロードできます。

上記ページのDLボタンをクリックするとダウンロードが自動的に開始されますので、 ファイルはデスクトップなどの任意の場所に保存してください。

SourceForge.JP の FFFTP ダウンロード


FFFTP のインストール

ダウンロードした 『 ffftp-***.exe 』 ( *** の部分はバージョンの数字が入ります ) をダブルクリックすると、 下記のようなインストール画面が開きます。まずは次へをクリックしてください。


注意事項画面

次へをクリックします。


インストール先の設定

次に、FFFTP のインストール先フォルダを設定します。
基本的にはそのままで問題ないかと思いますが、もし別の場所にインストールされる場合はインストール先を設定していただき、次へをクリックします。


インストール開始

FFFTP のインストールが開始されます。
終了すると下記の画面となりますので、『 デスクトップ上にショートカットを作成する 』 にチェックを入れ、 次へをクリックします。


インストール完了

FFFTP のインストールが完了しました。 完了をクリックして終了となります。

FFFTP での設定(Windows)

FFFTP を起動


新規ホストを選択

『 ホスト一覧 』というウィンドウが開きますので、『 新規ホスト(N)... 』をクリックします。


ホストの設定画面でアカウント情報を入力

お客様のFTP情報は、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 FTPアカウント 』で確認できます。

ホストの設定名 (T) 設定名を記入します。任意です。お好みの名前でかまいません。
ホスト名 (アドレス)(N) FTPアカウントの『 ホスト名(アドレス) 』を入力します。
FTPサーバーのアドレスとは違いますので、入力間違いにご注意ください。
ユーザ名 (U) FTPアカウントの『 ユーザー名 』を入力します。
パスワード/パスフレーズ (P) FTPアカウントの『 パスワード 』を入力してください。
ローカルの初期フォルダ (L) お客様が作成されたホームページデータのあるフォルダを指定します。任意です。
ホストの初期フォルダ (R) 必ず空白にしておきます。

FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)の設定

お客様情報を入力後、「暗号化」のタブから、FTPESの設定を行います。
初期状態では、「暗号化なしで接続を許可」「FTPS(Explicit)で接続」「FTPS(Implicit)で接続」 の3つにチェックが入った状態です。これを「FTPS(Explicit)で接続」のみにチェックが入っている状態にしてください。
これで、FTPESの設定は完了です。

設定が終わりましたら、 『 ホストの設定 』 ウィンドウの 『 OK 』 ボタンをクリックします。
以上で初期設定が完了しました。次の設定にお進みください。

FFFTP でのFTPS接続設定

サーバーに接続する

『ホスト一覧』ウィンドウに、先ほど設定した項目 『heteml』 が追加されています。これを選択し、『接続(S)』ボタンをクリックします。


アップロード先の決定

接続に成功すると、以下のようなウィンドウが開きます。
左の枠に、先ほど設定した『ローカルの初期フォルダ』内のファイル一覧が表示されています。右の枠に、FTP サーバー内のファイル一覧が表示されています。
『 apps 』と『 web 』というフォルダの中から、『 web 』をダブルクリックします。
※ファイルのアップロードは『 web 』フォルダ内にする必要があるため

FFFTP でのファイルの操作

ファイルのアップロード

『 web 』フォルダ内に入ったあと、左の枠から転送したいファイルを選択し、右の枠にドラッグ&ドロップします。

これでファイルのアップロードは完了です。