Git 利用法

Git を使っての利用法について、ご説明いたします。
各設定方法については、こちらのページをご覧になり設定をお願いいたします。

初期設定をする

お好みのSSHソフトでご自身のサーバーにSSH接続します。
   SSH ソフトの設定とコマンド

また、Gitの詳しい使い方につきましては、Git公式ウェブサイト などをご参照下さい。


ご希望のユーザー名とメールアドレスを登録します


色の設定をします


設定の確認をします

ユーザーの初期設定が ~/.gitconfig に保存されましたので、設定を確認します。

以下のようになります。


hetemlのファイルをGitでバージョン管理する

SSH で接続し、リポジトリを作成します

以下のようになります。
/path/to/ には リポジトリを作成した場所のパスが入ります。
pwd を実行して確認できます。
または、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 アカウント情報 』でも確認できます。


新規ファイルを作成します

以下のようになります。


コミットを実行します

変更内容を反映するにはコミットしてくださいという文が出てきます。

コミットを実行するとvimが立ち上がるので、i で挿入モードにしたあと、 コミットメッセージを入力し、:wq でvimを終了します。


ローカルからhetemlにpushする

hetemlに空のリポジトリを作成します


ローカルからpushします

「ユーザー名」「サーバー」には作成したSSHの情報が入ります。
お客様のSSH情報は、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 SSHアカウント 』で確認できます。

path/to/ には リポジトリを作成した場所のパスが入ります。
pwd を実行して確認できます。
または、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 アカウント情報 』でも確認できます。

pushすると以下のようにパスワードを聞かれるので、ssh接続用のパスワードを入力します。

hetemlで変更内容を確認します

これでローカルで開発しながら、FTP を使わずに変更を反映させることができるようになりました。


hetemlのリポジトリからローカルにpullする

複数人で同じリポジトリを使って作業する場合、他の人の変更内容をローカルに取り込むために
git pull を実行します。