.htaccess 利用法(エラーページの変更)

.htaccess を使ってエラーページを変更

お客様がご利用のサーバー内で表示されるエラーページを .htaccess を使用することで、
オリジナルのエラーページに変更することができます。


エラーファイルの作成

まず、エラー時に表示されるファイル( HTML 等 )を作成します。
代表的なエラーとして以下のようなものがあります。それぞれに合わせてファイルを作成しましょう。

401.html,403.html,404.html,500.html
  • 401 Unauthorized
    - パスワード制限など認証が必要なときに、正しく認証されなかった場合に表示されるエラーページ。
  • 403 Forbidden
    - パーミッションの設定が正しくない、または 『 .htaccess 』 で特定のホスト・IPの許可/制限を行っていて弾かれた場合のエラーページ。
  • 404 Not Found
    - リクエストされたページが無い場合に表示されるエラーページ。
  • 500 Internal Server Error
    - CGIのエラーや 『 .htaccess 』 の設定ミスの場合に表示されるエラーページ。
作成したいエラーページのみで結構です。[ 例 ] 401と404のエラーページのみでも可。
ErrorDocumentは、エラー発生時のページを基点に表示しますので、画像のパスを 「 http://から始まるURL 」 で指定しないと、画像のリンクが切れることがあります。 エラーページで画像を使用する場合には、「 http://から始まるURL 」 で表示を行ってください。
404エラーページに限り、エラーページのサイズが小さすぎますと表示されない場合があります。 ページの容量が1Kバイトを超えるように、ファイルを作り直してお試しください。

.htaccess ファイルの作成

適当なファイル名 ( htaccess.txt ) などで、以下の内容のファイルを作成します。
作成したエラーページに対応するエラーコードのみ記述してください。

[ 例1 ]
「 web 」 フォルダの中に 「 error 」 フォルダを作成し、その中に 「 401.html 」 と 「 403.html 」 と 「 404.html 」 と 「 500.html 」 を作成した。
例えば、http://example.com/ の公開フォルダが「 web 」の場合

もしくは、

ErrorDocument にURLを指定する場合は、URL上にファイルが存在する事を必ず確かめてください。URL上のファイルが存在しない場合、リダイレクトのループが発生しサーバーに負荷をかけるおそれがございます。

[ 例2 ]
「 web 」 フォルダの中に 「 401.html 」 と 「 403.html 」 と 「 404.html 」 と 「 500.html 」 を作成した。
例えば、http://example.com/ の公開フォルダが「 web 」の場合

もしくは、

ErrorDocument にURLを指定する場合は、URL上にファイルが存在する事を必ず確かめてください。URL上のファイルが存在しない場合、リダイレクトのループが発生しサーバーに負荷をかけるおそれがございます。

ファイルのアップロードとファイル名の変更

作成した 『 エラーページファイル 』 『 htaccess.txt 』 を、FTPで指定したフォルダにアップロードします。 アップロード後、 『 htaccess.txt 』 のファイル名を 『 .htaccess 』 に変更します。

パーミッションは 『 604 』 にしてください。

確認

テストとして、お客様のホームページ内で存在しない URL を入力し、作成された 404 エラーページが表示されるか確認してください。

  • 改行は入っていますか?
    『 .htaccess 』 のファイルの最後の行の末端に改行は入っていますか?改行が入ってない場合エラーになります。
  • パスは正しく記入されていますか?
    『 .htaccess 』 で指定したパスは正しく記入されていますか?再度ご確認ください。
  • パーミッションは 『 604 』 になっていますか?
    『 .htaccess 』 のパーミッションは 『 604 』 になっていますか?変更されていない場合正常に動作しないことがあります。
  • ファイルの記述に誤りはありませんか?
    『 .htaccess 』 の記述に間違いがあるとそのフォルダ以下にアクセスすると必ず 『 500 Internal Error 』 が表示されます。 この画面が表示されたら 『 .htaccess 』 ファイルの記述をもう一度確認してください。