Windows Live メール 2012 の設定方法 - POP3接続(推奨)

Windows Live メール 2012 の設定方法 - POP3接続(推奨)

Windows Live メール をご利用のお客様は、以下のマニュアルに沿って設定ファイルをダウンロードすることで、簡単にメールの設定をしていただけます。もし手動で設定する場合はこちらをご覧ください。

設定ファイルをダウンロード

コントロールパネルにログイン

設定ファイルは、コントロールパネルからダウンロードしていただけます。

   コントロールパネルはこちら

「設定ファイルをダウンロード」画面を表示

「ドメイン・メール設定」にて、各ドメインの「詳細を見る」から「メールアドレス設定」を開き、「設定ファイルをダウンロード」をクリックします。

「ドメイン・メール設定」をクリック
「詳細を見る」をクリック
「メールアドレス設定」をクリック
「設定ファイルをダウンロード」をクリック

設定ファイルをダウンロード

「Windows Live メール」を選択して「送信者名(任意)」を入力し、「ダウンロード」ボタンを押します。

設定ファイルをダウンロード

ファイルをメールソフトにインポート

設定ファイルをインポート

WindowsLiveMail2012 を起動し、「オプション」→「電子メールアカウント」にて「インポート」をクリックし、ダウンロードした設定ファイルを選択します。

「ツール」→「アカウント」
「インポート」をクリック
先ほどダウンロードした設定ファイルを選択

パスワードを入力

「プロパティ」の「サーバー」タブにて、メールアドレスのパスワードを入力します。

「プロパティ」をクリック
「サーバー」タブにて、メールアドレスのパスワードを入力します。

詳細設定

「プロパティ」の「詳細設定」タブにて、送信・受信ともに「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」にチェックを入れ、送信メールのポート番号を25から465へ変更します。 配信の「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」にもチェックを入れ、「OK」をクリックします。 ※配信の「サーバーから●日後に削除する」「ゴミ箱を空にしたらサーバーから削除」のチェックはお好みで設定ください。

「プロパティ」の「詳細設定」タブにて、送信・受信ともに「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」にチェックを入れ、送信メールのポート番号を25から465へ変更します。
	配信の「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」にもチェックを入れ、「OK」をクリックします。
	※配信の「サーバーから●日後に削除する」「ゴミ箱を空にしたらサーバーから削除」のチェックはお好みで設定ください。

設定が完了しました

Windows Live メール の 設定が完了しました。


お試しお申し込み

トップヘ戻る