MediaWiki 簡単インストール

MediaWiki は、フリーソフトウェアのウィキパッケージです。
heteml では、簡単インストールもご用意しております。

MediaWiki の簡単インストールについて

コントロールパネルから簡単インストールを選ぶ

hetemlでは、MediaWiki の簡単インストールをご用意しております。
簡単インストールを使えば、DB作成時の手間が少なく、手動で行うより簡単に MediaWiki をインストールできます。
ヘテムルの コントロールパネルの「簡単インストール」ページにお進みいただき、MediaWiki を選び、画面に従ってインストールを行ってください。

 簡単インストール機能は各種CMSのインストールを補助するツールです。そのため、各種CMSのシステム内容や不具合に関するご質問にはお答えできかねます。CMSの不具合につきましては各種配布先にお問い合わせください。


インストール先のURLとデータベースを選択し、データベース接続パスワードを設定

インストール先URL(MediaWikiを表示させるページのURL)の設定とデータベースを選択し、データベース接続パスワードを設定してからインストールボタンをクリックします。

インストール先 URL プルダウンからhetemlドメインまたは独自ドメインを選択します。
フォルダを指定する場合は右の欄に記入してください。
データベース 自動で作成されます。
既存のデータベースを使用したい場合は選択してください。
データベース接続パスワード 手順7のCMSセットアップ時にこちらのデータベースパスワードが必要になります。

表示されるURLをクリックする


「set up the wiki」をクリックする


言語の選択をして続行をクリックする


著作権および規約を確認して続行をクリックする

MediaWikiをインストールする環境が自動で確認され、問題がないと環境の確認が終わりました。MediaWikiをインストールできます。という表示が出ます。


データベースのパスワードを入力する

手順2で設定したデータベース接続パスワードを入力し、続行ボタンをクリックしてください。


データベースの設定を確認して続行をクリックする

特別に設定が必要でなければ、そのまま続行ボタンをクリックしてください。


必要情報を入力する

「ウィキ名」、管理アカウントの「名前」「パスワード」「メールアドレス」を入力し続行ボタンをクリックしてください。


詳細オプションを設定する場合は上のラジオボタンを選択する

次の手順のオプション設定を行う場合は上のラジオボタンを選択し、オプション設定をする必要がない場合は下のラジオボタンを選択してください。


オプション設定を行う

「利用者権限のプロファイル」や「著作権とライセンス」等、オプションの設定を行うことができます。


MediaWikiをインストールする


LocalSettings.phpをダウンロードする

インストールが完了すると、すべての設定を含んだ「LocalSettings.php」ファイルが生成され、ダウンロードが自動で始まります。そのファイルを自分のパソコンへ一度ダウンロードします。


LocalSettings.phpを、MediaWikiをインストールしたフォルダへアップロードします

ご利用のFTPソフトやhetemlFTPを使用し、ダウンロードした「LocalSettings.php」を手順で設定した、MediaWikiのインストール先フォルダにアップロードします。

改ざん対策のため、パーミッションを「400」にしてアップロードしてください。


作成したウィキに入る

アップロードが完了したら、「ウィキに入る」リンクからMediaWikiのページへ移動することができます。


MediaWikiの簡単インストール完了


お試しお申し込み

トップヘ戻る