SVN 利用法 - SVN ご利用時の設定( Windows の場合)

Windowsのお客様向けに、SVN ご利用時の
サーバーの設定についてご説明いたします。

SVN ご利用時の設定( Windows の場合)

最初に、サーバー上にリポジトリを作成します。


SSH で接続し、コンソールを開きます

SSH で接続し、コンソールを開きます

OK を押します

[ OK ] を押します

コマンドを入力

// リポジトリ用のフォルダを作成。
mkdir -p repos/test

// リポジトリの初期化
svnadmin create repos/test/

// trunk、branchs、tagsを作成
svn mkdir file:///home/sites/heteml/users/h/o/g/hoge/repos/test/trunk -m "create trunk."
svn mkdir file:///home/sites/heteml/users/h/o/g/hoge/repos/test/branches -m "create branches."
svn mkdir file:///home/sites/heteml/users/h/o/g/hoge/repos/test/tags -m "create tags."

上記のコマンドを入力し、実行 を押します

コマンドを入力

成功したら、閉じる を押します

コマンドを入力

リポジトリ作成が完了しました

リポジトリ作成が完了しました

続いて SVN ソフトの設定を行ってください。

SVN ソフトの設定

ここではTortoiseSVN日本語版 についての説明となります。TortoiseSVN は、下記のサイトから取得・インストールが出来ます。
   TortoiseSVN ダウンロードページ

  日本語版でのご利用は、Language Pack の Japanese が必要です。


SSH クライアントの設定

TortoiseSVN には、TortoisePlink.exe という SSH クライアントが同封されていますので、こちらをご利用ください。

お客様のマシン内の任意のフォルダを右クリックし、[ TortoiseSVN ] → [ 設定 ] → [ ネットワーク ] を開きます。

SSH クライアント という項目がありますので、下記の文字列を入力し、適用 を押します。

"C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe" -P 2222

SSH クライアントの設定

  上記はProgram Filesの中にTortoiseSVNをインストールした場合です。別の場所にインストールした場合はそのパスに変更してください。

  「-P 2222」はポート番号の指定を意味しています。


エクスポートの設定

サーバー上のリポジトリから、データをエクスポートします。

お客様のマシン内の任意のフォルダを右クリックし、[ TortoiseSVN ] → [ エクスポート ] を開き、リポジトリのURLを入力してください。

リポジトリのURL

svn+ssh://[ユーザー名]@[SSHのサーバー]/[リポジトリまでの絶対パス]/trunk

お客様のSSH情報は、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 SSHアカウント 』で確認できます。

エクスポートの設定

入力されましたら、OK を押してください。


パスワードの入力

お客様の FTP パスワードを入力し、OK を押してください。

パスワードの入力

エクスポートの完了

エクスポートの完了

チェックアウトの設定

データをチェックアウトします。

お客様のマシン内の任意のフォルダを右クリックし、[ TortoiseSVN ] → [ チェックアウト ] を開き、リポジトリのURLを入力してください。

リポジトリのURL

svn+ssh://[ユーザー名]@[SSHのサーバー]/[リポジトリまでの絶対パス]/trunk

お客様のSSH情報は、コントロールパネルにログイン後、サイドメニューの『 SSHアカウント 』で確認できます。

  エクスポートの際と同じです。

チェックアウトの設定

入力されましたら、OK を押してください。


パスワードの入力

お客様の FTP パスワードを入力し、OK を押してください。

パスワードの入力

チェックアウトの完了

チェックアウトの完了

チェックアウトが完了すると、フォルダのアイコンが変わります。

チェックアウトが完了すると、フォルダのアイコンが変わります。
お試しお申し込み

トップヘ戻る