WebDAVの設定方法

WebDAVとは

WebDAV(ウェブダブ)はFTPソフト無しで、デスクトップからWindowsエクスプローラーでサーバーにアクセスできる機能です。

  詳しくはこちら

注意事項

  • WebDAV設定を有効にした場合、反映されるまでしばらく時間がかかることがございます。
  • Windows7ではダウンロードにセキュリティ制限があり、約50MB以上のファイルをダウンロードすることができません。
  • 一部Windowsでは「.DAV」フォルダとフォルダ以下にデータファイルが自動生成されます。(WebDAVからは確認できませんが、FTP、SSHで表示が確認できるWebDAVの情報ファイルとなります)

コントロールパネルでの設定方法

ヘテムルのコントロールパネルでの設定をはじめに行います。

ヘテムルのコントロールパネルにログイン後、「FTPアカウント」の画面を開きます。


WebDAVを設定したいアカウントのWebDAVを有効にします。

WebDAVタブに切り替えて、「有効」のラジオボタンをクリックします。


WebDAVアドレスをコピーします。

アドレスの入力されているフォームをクリックすると全選択されますので、選択してコピーしてください。


WebDAV設定が有効になりました。

画面をそのままにして、パソコンでの設定に移ります。

これより先の手順は、お使いのOSにより異なります。
該当のOSを選択し、手順に従って設定を行ってください。

Macでの設定

アクティブなアプリケーションをFinderに切り替えます。

デスクトップをクリックすると、Finder に切り替わります。


Finder のメニューから「移動」→「サーバへ接続...」を選択します。


サーバアドレスを入力します。

先ほどコントロールパネルにてコピーしたWebDAVアドレスを入力欄にペースト、接続をクリックします。


ユーザーの認証をします。

先ほど開いた状態のままにしておいたコントロールパネルより、名前とパスワードを入力して接続をクリックします。
このパスワードをキーチェーンに保存にチェックを入れますと、次回の入力の手間がなく便利です。


以上で設定は完了しました。

WebDAVフォルダのウィンドウが表示されます。
このウィンドウ内にドラッグ&ドロップでファイルのアップロードを行ってください。

次回ご利用になる際は、Finder内の「共有」項目に接続先が作成されていますので、そちらをクリックしてWebDAVフォルダに接続してください。

Windows7での設定

コンピューターを開きます。

スタートメニューからコンピューターをクリックします。


ネットワークの場所を追加します。

フォルダの中の余白部分を右クリックし、「ネットワークの場所を追加する」クリックします。


ネットワークの場所の追加ウィザードの指示に従って入力します。

次へをクリックします。

「カスタムのネットワークの場所を選択」が選択されたまま次へをクリックします。


ネットワークアドレスを追加します。

先ほどコントロールパネルにてコピーしたWebDAVアドレスを入力欄にペーストします。


ユーザーの認証をします。

先ほどそのままにしておいたWebDAVアドレスが記載されていた画面より、ユーザー名とパスワードを入力してOKをクリックします。
資格情報を記憶にチェックを入れますと、次回の入力の手間がなく便利です。


WebDAV接続の名前を入力します。

入力できましたら次へをクリックしてください。名前は任意ですので、お客様のお好みでかまいません。


以上で設定は完了しました。

完了をクリックするとWebDAVフォルダが表示されます。

このウィンドウ内にドラッグ&ドロップでファイルのアップロードを行ってください。


次回のご利用について

次回ご利用になる際は、「コンピュータ」にフォルダが作成されていますので、そちらをクリックしてWebDAVフォルダに接続してください。

また、アイコンの上で右クリック>送る>デスクトップ(ショートカットを作成)と選択し、ショートカットを作成していただきますと、次回のご利用の際に便利です。


お試しお申し込み

トップヘ戻る