WordPress 日本語版のインストール

WordPress は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。
heteml では、簡単インストールもご用意しております。

WordPress ユーザー名・パスワードについての注意

WordPressの管理画面へ不正にログインされ、サイトの改ざんが行われるケースが増えております。 ユーザー名とパスワードは英数を組み合わせ8桁以上の複雑なものを設定してください。

【不正なログインを受けやすいユーザー名とパスワードの例】

  • ユーザー名とパスワードが同じ・もしくは類似している
  • 他のサイトと同じ・もしくは類似している
  • ドメイン名と同じ・もしくは類似している
  • adminやpasswordなどの簡単な文字列
  • 辞書に載っている言葉 (例:book, tokyo 等)

既に設定済みのパスワードを変更する方法は【WordPress公式マニュアル】をご参照ください。また、その他の改ざん予防策についても、併せてご確認ください。
  サイト改ざんへの対策

WordPressでECサイトを構築するプラグイン、WooCommerceのインストールについては下記をご確認ください。
  WooCommerceのインストール

アップグレードの方法については下記をご確認ください。
  WordPressのアップグレードについて

WordPressのセキュリティを向上させるプラグインをご利用ください。
  管理ページをログイン攻撃から守るプラグインSiteGuard WPの使い方

WordPress の簡単インストールについて

コントロールパネルから簡単インストールを選ぶ

hetemlでは、WordPress の簡単インストールをご用意しております。
簡単インストールを使えば、DB作成時の手間が少なく、手動で行うより簡単に WordPress をインストールできます。
ヘテムルの コントロールパネルの「簡単インストール」ページにお進みいただき、WordPress を選び、画面に従ってインストールを行ってください。

 簡単インストール機能は各種CMSのインストールを補助するツールです。そのため、各種CMSのシステム内容や不具合に関するご質問にはお答えできかねます。CMSの不具合につきましては各種配布先にお問い合わせください。


インストール先のURLとデータベースを選択する

各項目に情報を入力し、インストールボタンをクリックします。

インストール先 URL プルダウンからhetemlドメインまたは独自ドメインを選択します。
フォルダを指定する場合は右の欄に記入してください。
データベース 自動で作成されます。
既存のデータベースを使用したい場合は選択してください。
サイトのタイトル WordPressのサイトのタイトルを入力します。
タイトルは後から変更することが出来ます。
ユーザー名 WordPressのログインに使う任意のユーザー名を入力します。
パスワード WordPressのログインに使うパスワードを入力します。
※ セキュリティ対策として、ユーザー名とパスワードは英数字を組み合わせた複雑なものを設定してください。
メールアドレス WordPressのインストールが完了すると、設置成功のメールが送信されます。 メールアドレスはユーザー名やパスワードを忘れた際に必要になります。

表示されるURLをクリックする


ダッシュボードのログイン画面が表示されます

手順 手順2 で設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。


ダッシュボードにログインしました

ダッシュボード内、左の「投稿」メニューから記事を投稿することができます。


WordPressのサイトを表示する

ダッシュボード内、左上にある「サイトタイトル名」または「サイトを表示」をクリックします。


WordPressのサイトが表示されます

WordPressのサイトが表示されない場合は、WordPressをインストールしたフォルダに「index.html」ファイルが無いかご確認ください。WordPressのインストールで作成された「index.php」と「index.html」が同じフォルダ内に存在すると、「index.html」の内容が優先して表示されてしまいます。不要な場合は「index.html」ファイルを削除するかファイル名を変更してください。


※ WordPressのサイトのデザインは、インストールした時期によって画像と異なる場合があります。

WordPressならテーマを変更するだけで、オリジナルサイトも楽々作成!
『Minimal WP』のテーマなら、誰でも簡単におしゃれなWordPressサイトを作成
できます。


ダッシュボードに戻る

ダッシュボードにログインしている場合、サイトの左上からダッシュボードに戻ることができます。

表示されているURLの末尾に[ wp-login.php ]とつけてアクセスすることでもダッシュボードを表示させることができます。
例)
http://test.heteml.jp/wordpress/ → http://test.heteml.jp/wordpress/wp-login.php


インストールしたWordPressの「wp-config.php」のパーミッションは、サイト改ざん対策のため初期設定で「 400 」になっています。
読み込み専用の設定となりますので、何か書き換えたい場合は一旦パーミッションを変更していただき、その後また「 400 」に設定し直すようお願い致します。

パーミッションの設定変更について詳しくは サイト改ざんへの対策 をご参照ください。

WooCommerceのインストール

WooCommerceとは、WordPressの運営会社Automattic社が提供する、WordPressでECサイトを構築するプラグインです。優れたデザインのテーマが豊富に用意されており、カスタマイズも容易にでき、簡単にECサイトを作成することができます。

WordPressと同時にWooCommerceをインストール

WooCommerce をご利用される場合は、WordPressの簡単インストール時に「WooCommerceプラグインを同時にインストールする。」にチェックを入れて、WordPressのインストールを行ってください。


WooCommerceと関連プラグインを有効化

WordPressの簡単インストールが完了しましたら、ダッシュボード内、「プラグイン」にて、下記プラグインの項目にチェックを入れて有効化してください。


WooCommerceの設定

プラグインを有効後、WooCommerceの「設定ウィザードを開始」ボタンをクリックして、ECサイトの配送や支払い方法などの環境設定を完了させてください。設定完了後、WooCommerceをご利用いただけます。

WooCommerceインストール時に、ECサイト用のテーマ「Storefront」も同時にインストールしておりますので、任意でご利用ください。

WooCommerceをはじめ、ECサイトでは独自SSLのご利用をお勧めいたします。

WordPressのアップグレードについて

WordPressは、新機能のリリースやセキュリティの改善、バグに対する修正によりアップグレードが行なわれます。最新のバージョンを利用することは、サイトの改ざんを防ぐためにも必要な対応です。バージョンアップが行われたら、必ずアップグレードを行ってください。

※アップグレードを行う前に、ご利用中のプラグインやテーマが新バージョンに対応しているか、それぞれの配布元にてご確認ください。

アップグレードの必要がある場合は、WordPressのダッシュボード(管理画面)に利用可能なバージョンが表示されます。

ファイルのバックアップを取得します

FTPソフトで、WordPressのファイルを全てご利用のPCへバックアップします。


データベースのバックアップ

データベースのログイン情報は、WordPress をインストールした公開フォルダのwp-config.php ファイルに記載があります。

   データベースのバックアップ方法


プラグインの停止

ダッシュボードのメニュープラグイン「インストール済みプラグイン」の項目で、ご利用中の全てのプラグインを一旦停止します。

更新をする

WordPressへようこそ と表示されたら、アップグレードは完了です。


プラグインを有効化する

一旦停止していたプラグインを再度有効化してください。
以上で、アップグレードの手続きが完了しました。

お試しお申し込み

トップヘ戻る