XOOPSのインストール方法

コミュニティサイト構築ソフト『 XOOPS 』 のインストール方法です。
マニュアル通りに進めば、簡単にインストールする事ができます。

XOOPS のインストールについて

簡単インストールでソースをサーバーに転送

hetemlでは、XOOPS の簡単インストールをご用意しております。
簡単インストールを使えば、DB作成時の手間が少なく、簡単に XOOPS をインストールできます。
ヘテムルの コントロールパネルの「簡単インストール」ページにお進みいただき、XOOPS を選び、画面に従ってインストールを行ってください。

下記画面では、データベースパスワードを忘れずにご入力ください。

 簡単インストール機能は各種CMSのインストールを補助するツールです。そのため、各種CMSのシステム内容や不具合に関するご質問にはお答えできかねます。CMSの不具合につきましては各種配布先にお問い合わせください。


文字コードの選択

簡単インストールの最後に表示されるURLに飛び、「ja_utf8」を選択し、 をクリックします。


データベース・ファイルのアクセス権・URLの設定

をクリックします。

をクリックします。

をクリックします。 ※データベースパスワードを忘れずにご入力ください。

をクリックします。

をクリックします。

をクリックします。

をクリックします。

 「×検知されたルートフォルダのパスは、設定されたもの(XOOPS_ROOT_PATH)と異なります。」のエラーはヘテムルサーバーの仕様により表示されますが、無視してインストールを進めて頂いて問題ありません。

をクリックします。

をクリックします。

をクリックします。


サイト管理者についての設定

任意の管理者ユーザ名・管理者メールアドレス・管理者パスワードを入力してください。タイムゾーンは、「(9:00)」のもの(ここでは Asia/Seoul )を選択してください。 入力後、 をクリックします。


データの生成

をクリックします。


インストール第1ステップ完了

をクリックします。


ログイン

先ほど設定した管理者ユーザ名・管理者パスワードを入力し、 ログイン をクリックします。


モジュールのインストール

インストール をクリックします。


注意書きが表示されます

あなたのサーバーに /お客様のフルパス/web/xoops/install/ フォルダが残っています。悪意のある攻撃者がこのインストールウィザードにアクセスできないようにする為に、このフォルダを削除してください。

という注意が出ていますので、FTPソフトでサーバーに接続し、「 install 」 フォルダを削除してください。

再度、管理者画面に進みエラーメッセージが表示されていないのを確認してください。


「 mainfile.php 」 のパーミッション変更

管理者画面の左のアイコンから「管理者メニュー」へ進みます。

注意:ファイル /お客様のフルパス/web/xoops/mainfile.php への書き込みが可能となっています。このファイルのパーミッション設定を変更してください。

という注意が出ていますので、FTPソフトでサーバーに接続し、「 mainfile.php 」 のパーミッションを 500 に変更してください。