レンタルサーバーヘテムル

アイマスク外すよ~!

「お誕生日、おめでと~!」

「かんぱ~い。いやー、誕生日おめでとう。
何歳になったんだっけ? 2歳?若いね~。
俺にも2歳のとき、あったな~。」

「おどろいた~?
こういうサプライズもたまにはいいかなーって。
ほらー、飲んで飲んで。ピスタチオもあるよー。」

私が訪れたのは都内某所のとあるビル。レンタルサーバーサービスを運営する会社のオフィスだった。今日はこの会社で、サーバーのサプライズ誕生パーティーがひらかれるというので、私も同席させてもらうことになった。しかし、サーバーのサプライズ誕生パーティーとは一体何なんだろう。

「どうもどうも、栗本さん、ピスタチオ、食べてます?
誕生日パーティーって、いいですよね。
祝う方も、祝ってもらう方も、どっちも幸せな気持ちになれる。
なんだか心がほくほくするな~。ほくほく。
今日は最後まで楽しんでいってくださいね。」

社員に話を聞いてみると、このパーティーは、サーバには内緒でこっそり企画したパーティだという。
サーバーに勘付かれないように企画をすすめるのがなかなか大変だったとか。
何を言っているのかいまひとつわからない。サーバーに内緒で?サーバーに勘付かれないように?
パーティの終盤。社員が事前にこっそり撮ってきたというビデオレターをサーバーに見せると、しんみりとした空気が会場を包んだ。
一体何をしているんだろう?

「サプライズパーティー、大成功ですね。
さっきからしきりにサーバーが言ってるんですよ。
うれしいうれしいって。
ところで栗本さん、ピスタチオ全然食べてないですよね。
まだまだあるんで、一粒残らず全部食べていってくださいね。」

サーバーが言ってる?

「え、栗本さん、もしかして聞こえないの?サーバーの声が。
ほら、もっと耳を澄ましてみてよ。」

サーバーの声…
耳を澄ます
こうしてパーティーは終わっていった。

それにしてもよくわからない集会だった。
レンタルサーバーの会社って、どこもこんな感じなんだろうか。

うーん。サーバーの声、か。

サーバーの声なんて聞こえるわけがない。でも、あのスタッフたちの目は、嘘をついてる人間の目じゃなかった。本気でサーバーと向き合い続ければ、いつか本当に聞こえるようになるのだろうか。サーバーの声が。

よーし、向き合っちゃうぞ!

生きてるのかな?生きてないのかな?どっちなのかな?

もったいぶらないで教えてよ~~!!

どっちなんだよおお!!この激安レンタル野郎おお!!

ハァ、ハァ…

setup started. 0%[ ] 2%[=> ] 4%[===> ] 10%[=========> ] 25%[=======================> ] 32%[===============================> ] 40%[=======================================> ] 51%[=================================================> ] 65%[================================================================> ] 80%[==============================================================================> ] 96%[==============================================================================================> ] 100%[===================================================================================================>]

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページはレンタルサーバー「ヘテムル」の2014年エイプリルフール企画です。

トップにもどる