インフォメーション

RSS Feeds

この度、ヘテムルにおきましてバックアップオプション特約を改定いたします。
新しいバックアップオプション特約は2017年4月11日を改定日とし、
従来からのお客様も含めまして適用させていただきます。

詳細は下記となります。

■改定内容
---------------------------------------------
第2条【本オプションの内容】2項
契約者は、バックアップサーバーに保管された自己のバックアップデータを、SSH(Secure Shell:通信プロトコル)を利用して閲覧・取得することができます。

▼改定後
契約者は、バックアップサーバーに保管された自己のバックアップデータを、HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure:データ通信プロトコル)を利用して閲覧・取得することができます。

第4条【本オプションの有効期間】
1.本オプションの有効期間は、利用開始日(前条第3項に定める利用申込みの完了した日をいいます。以下同じ。)の属する月においては、利用開始日から、利用開始日の属する月の末日までとし、契約者が別途当社の定める日時までに所定の方法により更新拒絶の手続きを行わない場合には、利用契約は自動的に、最初の有効期間満了の日の次の日から、暦月に従い1カ月間(以下「更新期間」とし、最初の期間と更新期間を併せて「有効期間」とし、「有効期間」の末日を「有効期限日」といいます。)更新され、以降も同様とします。有効期間は、当社が別途定める場合を除き、変更することができないものとします。
2.前項にもかかわらず、有効期限日の属する月のうち当社が別途定める日時までに利用料金の支払が確認できない場合には、当社は本オプションの利用契約の更新を拒絶し、本オプションの提供を停止することができるものとします。

▼改定後
1.本オプションの有効期間は、利用開始日(前条第3項に定める利用申込みの完了した日をいいます。以下同じ。)から起算して、別途当社が定める日までとします。有効期間は、当社が別途定める場合を除き、変更することができないものとします。
2.契約者は、有効期間満了後も本オプションの利用の継続を希望するときは、有効期間中、別途当社の定める日時までに所定の方法により有効期間更新の手続を行うものとします。
3.前項の定めにかかわらず、契約者が、別途当社が定める自動更新の設定を行った場合は、有効期間中に別途当社の定める日時までに所定の方法により更新拒絶の手続きを行わないときは、利用契約は自動的に、有効期間満了の日の次の日から、別途当社が定める日まで更新されるものとし、以降も同様とします。

4.前項にもかかわらず、有効期間のうち当社が別途定める日時までに利用料金の支払が確認できない場合には、当社は本オプションの利用契約の更新を拒絶し、本オプションの提供を停止することができるものとします。


第9条【本オプションの利用上の注意】1項
契約者は、本オプションを利用して、バックアップデータの作成及びバックアップサーバーへの保管を行う日時を、当社に対して指定できないものとします。

▼改定後
契約者は、本オプションを利用して、バックアップデータの作成及びバックアップサーバーへの保管を行う日時を、別途当社の定める方法以外の方法で当社に対して指定することはできないものとします。
---------------------------------------------

ご確認の上、ご不明な点などございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

今後ともヘテムルをよろしくお願いいたします。

ただ今、初期費用3,950円が「無料」、さらに4月までのご利用料金が
「無料」になるキャンペーンを実施中です!
サーバーの乗り換えもお得にできるチャンスです!是非ご検討ください。

詳細はこちら

■サーバーの移行をご検討の方へ
ヘテムルでは、お客様に安心してサーバー移行を行っていただけるよう
わかりやすく解説したマニュアルもご用意しております。

>>お申し込みフォームはこちら

平素よりレンタルサーバー『ヘテムル』をご利用いただき、誠にありがとうございます。

先日、ご案内いたしましたWordPressのバージョン「4.7」および「4.7.1」における
コンテンツの改ざんが行える脆弱性に対し、ヘテムルでもセキュリティー対応を
行いましたので、ご案内いたします。

■対応内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.不正アクセスの可能性があるIPアドレスからのアクセス拒否設定
 同脆弱性を狙った不正なアクセスを行うアクセス元IPアドレスから、ヘテムルのwebサーバーへのアクセスを拒否するよう設定しました。
 ※新たなIPアドレスからの不正アクセスを確認した場合、随時拒否設定を行います。

2.WAF設定の強化
 同脆弱性への攻撃を検知・遮断するよう、WAFのシステムを調整しました。

■お客様へご対応をお願いしたいこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.WAF設定が無効になっているドメインは、有効へ切り替えてください。
>>WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)について

2.最新版へのアップグレードがお済みでない場合は、WordPressのダッシュボードに
ログインの上、同脆弱性に対応したバージョン「4.7.2」へ更新をお願いいたします。
>>WordPressのアップグレードについて

同脆弱性の詳細については、以下の参照サイトをご一読ください。
WordPress の脆弱性に関する注意喚起(JPCERT/CC)
WordPress の脆弱性対策について(IPA/情報処理推進機構)

お客様に安心してサイトの運営をいただけるよう
セキュリティー強化に努めてまいります。
今後とも、ヘテムルをよろしくお願いいたします。

ただ今、初期費用3,950円が「無料」になるキャンペーンを実施中です!

キャンペーンの詳細
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
内容: 初期費用 3,950円分が無料になります。※価格は税抜です。
期間: 2017年2月8日(水)12:00:00 〜 2017年2月15日(水)18:00:00
対象: ヘテムルを新規お申込みされた方全員

■サーバーの移行をご検討の方へ
ヘテムルでは、お客様に安心してサーバー移行を行っていただけるよう
わかりやすく解説したマニュアルもご用意しております。

>>お申し込みフォームはこちら

平素よりレンタルサーバーヘテムルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

WordPressのバージョン4.7および4.7.1でコンテンツの改ざんが行える脆弱性が
報告されております。
ヘテムルでもWordPressをご利用のお客様が多くいらっしゃるためご案内いたします。
1月26日に同脆弱性に対応した4.7.2がリリースされておりますので、
最新版へのアップグレードがお済みでない場合は、早急にWordPressのダッシュボード
にてご対応ください。

■脆弱性の影響
第三者にコンテンツの改ざんを行われる
 
■対応方法
WordPressバージョン4.7.2 へのアップグレード
WordPressのアップグレードについて

■参考サイト
WordPress 4.7.2 セキュリティリリース
SUCURI Blog(セキュリティ関連企業による脆弱性報告/英語)

脆弱性によるサイトの改ざんを防ぐため、CMSツールやプラグインをご利用の際は
常に最新のバージョンをご利用ください。
また、その他のサイト改ざんへの具体的な対策方法をこちらのページにてご紹介しております。
お客様の大切なサイトを守るために、ぜひご参照の上対策を行なってください。

今後とも、ヘテムルをよろしくお願いいたします。